赤ちゃん幼児子育て.com

一歳児の夜泣き対策!どうする?

Sponsored Link

うちの赤ちゃんは今まで夜泣きもなく
夜中に起こされることは全然ありませんでた。



しかし1歳になり、ついに始まって
しまったのです・・。



夜中に部屋中に響くような
大きな泣き声。

google Sponsored Link1



毎日ではないのですが、ちょくちょく
あるとやっぱり辛くなってきますね。



私の知り合いで、赤ちゃんが産まれてから
1歳になるまでまとまって3時間も寝た
ことがないという人がいました。



それに比べれば、私なんて全然ましだとは
思いますが・・。



でもできることなら、やっぱり夜は
ゆっくり眠りたいというのが本心です。



今回は1歳児の夜泣き対策について
お話したいと思います。





【そもそも何故夜泣きする?】



1歳児の夜泣きの原因として考えられる
ものには以下のものがあります。




①昼間の興奮や刺激



1歳くらいになると早い子だともう歩き始めて
いますよね。


まだ歩かないにしても、ハイハイやつかまり立ち
ができ、今までに比べるとできることがたくさん
増えていることと思います。



赤ちゃんにとっては行動範囲が広がり、
毎日が興奮と刺激の連続なんですよね。



赤ちゃんは寝ている間に昼間起きたことを
整理しているので、その刺激が原因となって
夜泣きしてしまうことがあるのです。





②生活リズムの乱れ



毎日、朝は自然と目が覚めるまで寝せていたり、
夜はついつい遅くまで赤ちゃんも一緒に起きて
いたりしませんか?


大人は毎日寝る時間がバラバラでも自分で調整が
できますが、赤ちゃんにとっては、こうした生活
リズムの乱れは夜泣きの原因になってしまうのです。




③脳の発達が未熟



前頭葉の発達が未熟なため眠りの浅い時間が
多く、半分寝て半分起きている状態で夜泣きを
することがあるそうです。


これは乳児のときも同じです。





【夜泣きの対策 ~うちの場合~】



1歳頃から始まった我が子の夜泣き。


この夜泣きを少しでも減らすために
私が意識して行っていることを
ご紹介します。




①早寝早起きさせる



これは生活リズムを整える上で、
基本中の基本です。


しかし実際毎日続けるのは意外と難しい
もの・・。


赤ちゃんが寝てくれたあと、開放感からついつい
自分が夜更かしをしてしまい、次の日の朝、
いつもの時間に自分が起きられないなんて
こともたまにあります・・。



結局、赤ちゃんの生活リズムを
整えるということは


〝大人も一緒に早寝早起きの習慣を身につける”


ということなんですよね。



だから私は基本的には夜は赤ちゃんと一緒に
早く寝て、朝赤ちゃんより早く起きて自分の
時間を持つようにしています。



そして毎朝遅くても7時半までには起こす
ようにしています。




②お昼寝の時間に注意する



夜早く寝せるためにはお昼寝の時間にも
注意が必要です。


昼寝は長くしてくれればしてくれるほど
親は楽ができますが、それでは夜なかなか
眠らなくなってしまいます。



うちの子も、夕方たっぷりお昼寝してしまった
ときは、寝せる時間になって部屋を暗くしても
興奮状態のまま楽しそうにはしゃぎ続け、
なかなか寝てくれないのです。


そしてそういうときは、やっぱり眠りが浅いのか
ちょくちょく目が覚めては夜泣きをするんですよね。



だから今はお昼寝の時間は午前中は2時間、
夕方は1時間くらいで起こすようにしています。



そうすると20時~21時にはもう限界という
感じであっという間に寝てしまいます。



③日中いっぱい遊ばせる



やっぱり外の光を浴びることと、体をたくさん
動かすことは、良質な睡眠を得るのにとても
大切なことだと思います。



天気の良い日はベビーカーで散歩に連れて
行き、日中は家の中で一緒に階段を登ったり、
赤ちゃんができるだけ体を動かすように
意識しています。



たくさん体を動かして遊んだときは、やっぱり
赤ちゃんも疲れるようで、自然と眠りも
深くなり、よく寝てくれます。





google Sponsored Link2


【夜泣きしてしまったときは・・】



いくら色々なことに気を付けていたとしても
やっぱり夜泣きをすることはあります。



夜泣きをしてしまったときは、私はまずは
体をトントンして声かけをするところから
始めます。



いきなり抱っこしてしまうとそれが習慣になり
そうなので、まずは自分が一番楽な方法で
対処します。



同様の理由でミルクなどの飲み物を与える
こともしません。



うちの子は夜泣きをしても意外とトントン
だけで落ち着くのですが、それでダメなときは
自分が仰向けの状態で赤ちゃんを抱っこします。



これなら起き上がらなくてよいので自分も
楽ですし、赤ちゃんも安心するようで
割と早く落ち着いてくれます。





【最後に】



夜中に起こされるのって本当に辛い
ですよね・・。


しかも自分は眠たいのを我慢して起きるのに
隣にいる夫は気づかないフリなんてしていると
そのことにもイライラしてしまったり・・。



赤ちゃんが小さいうちは夜中の授乳でママが
起きるしかないですが、1歳児でしたら
必ずしもママでなきゃいけないわけでは
ありません。



夫婦協力して夜泣きを乗り越えて
いきましょうね!



しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link