赤ちゃん幼児子育て.com

一歳半の食べむらの解決法

Sponsored Link


母乳育児、離乳食を経て、
やっと大人と同じ、普通の食事ができるようになり、
パパもママも、嬉しい気持ちでいっぱい。


ところが、
朝はものすごく食べたのに、お昼はまったく食べなかったり、
運動量は、どんどん増えているはずなのに、食べる量が少ない、
そんな「食べむら」が心配になること、ありませんか?


「歩くようになれば、お腹が空いて、良く食べるようになるわよ!」

と言われたのに、やっと歩けるようになった、一歳半頃になっても、
あまり食べる量が変わらなかったり、食べむらがひどくなったり、
とにかく心配になります。


そこで、今回は、
一歳半の食べむらについて、調べてみました。




google Sponsored Link1

【一歳半の食べむら、大丈夫なの?】



今まで、普通に食べていたのに、
突然、食べなくなるということは、
実は、一歳半では、良くあることなんです。


でも、心配しないでくださいね。
一歳半、というのは、ちょうど、自分の脳や体が、
満腹感を、調整しようとしている時期なのだそうです。


大人としては、朝昼夕と、
三食しっかりと、食べて欲しいものですが、
一歳半頃は、まだ自分で、食べる量を決められません。
なので、好きなものは、我慢せずに、ひたすら食べ続けたりします。


食べ続けた結果、次の食事などで、
ほとんど食べずに、体が自動調節する、
というのが、食べむらの正体です。


体調や、機嫌に変化がなければ、
成長の一環なので、心配はありません。





【一歳半の食べむら!解決法は?】



成長の一環、とはいえども、
あまりにも、食べむらが続くと、心配にもなります。
とくに気になるのが、「食べない」という場合。


・料理の品数をたくさん用意する
・調理法や味付けを変える
・外遊びをたくさんさせる
・好きなものだけ食べさせる


といった方法が、効果があるようです。


また、子どもに、料理のお手伝いをさせるのも、
とくに、食べない時期には、効果的だそうです。


野菜を水で洗ってもらう、ぐちゃぐちゃでも、盛り付けをさせてみる、
そんな簡単にできるお手伝いでも、「自分で作ったものを、食べてみたい!」
という気持ちに、つながるようです。


あとは、食事前に、飲み物を控えた方が、
満腹感を抑えられて、食事の食べっぷりも、良いようですよ。





【我が子の食べむら期】



我が子の食べむらは、それはもう、
「元気の源はなんですか?」というくらいに、食べませんでした。


「いつか食べるから、大丈夫よ!」
と、ママ友さんや、先輩ママさんに、たくさん慰められましたが、
一歳半になり、歩くようになっても、一向に食べません。


頑張ったのに、食べてもらえないつらさで、
子どもの食器を、壁に投げつけるくらい、
食事は、イライラする時間でした。


そんなある日、いつも食べないのに、
私と主人の、大人用に作った料理を、食べたがっていることに気が付き、
薄味ではなく、少し濃い味の料理を与えてみると、食べたんです。


そのうち、我が子は、醤油と砂糖の甘辛い味付けと、
硬めの食感の食べ物が、好みなのだと気が付き、
タケノコや人参といった、硬めの食材を中心に、食事に出すようにしました。


そして、少しずつ、食材を増やしていき、
大人用・子ども用、と料理は分けずに、
全員で一緒に、同じものを食べる、ということを続けて行きました。


また、お手伝いに興味が出てきた時に、
バナナを一緒に切って、バナナヨーグルトを作ってみると、
いつもは食べないのに、何度も、おかわりするようにもなりました。


その後も、食べむらはありましたが、
食事に興味が湧いてきて、吐き出すことはあっても、
まずは、口の中に入れる挑戦を、するようになりました。


今思えば、きっと体が、
食事の、自動調節をしていた時期、だったのでしょうね。
そして、食事に興味が出てくる、節目だったのかもしれません。


間もなく、4歳を迎える我が子は、
生まれてから、大きな病気もせず、体重も増え、
今では、親が心配するほどの食欲です。





google Sponsored Link2


【さいごに】



大人の常識と、子どもの常識とは違う、
ということを、聞いたことがあります。


大人が「こうあるべき」と思っても、
子どもには、子どもなりの理由があり、
大人の未知な世界が、あるようです。


食べむらに関しても、
たくさん食べれば元気だというのは、あくまでも、大人の常識であって、
子どもは、ちゃんと自分で必要な食べ物や、量もわかっているのだと思います。


食事が、つらく、苦しい時間になってしまうと、
食べることに、ますます興味を失ってしまいます。


それならば、家族団欒の、食事の時間を、とにかく楽しんで、
食事とは楽しいことなんだ、と教えてあげることが、
一番、大切なことなのではないか、と思います。


食べない時期があっても、
体重が増えて、健康なら、気にしなくても良し!です。
いつか、必ず、食べるときが来ますよ。
私が自信を持って、お約束します!


最後までお読みいただき、ありがとう御座います。


 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link