赤ちゃん幼児子育て.com

子供がストレスで嘔吐下痢!どうしたら?

Sponsored Link

特に低年齢の子供は、身体の機能が十分に発達していません。
そのため、些細なことが原因で体調を崩すことがよくあります。

典型的な例として、ストレスによる嘔吐下痢が挙げられます。
大人からすると、このくらい何でもないだろうと思うようなことが
子供にとってはストレスとなり、それが嘔吐下痢につながることがよくあるのです。

そのような症状が現れた場合、どうしたら良いのでしょうか?


google Sponsored Link1

[ストレスによる嘔吐下痢の対処法]



一般的に、主にストレスが原因になって起こる嘔吐などの症状は、
「周期性嘔吐症(アセトン血性嘔吐症)」と呼ばれています。
いわゆる「自家中毒」が、これに当たります。


例えば、どこかにお出かけする前の日や、大きな行事の前など、
子供が普段とは異なる環境に置かれた場合、緊張やストレスなどの
精神的な刺激に身体が過剰に反応してしまいます。
それが、嘔吐や下痢などの目に見える症状となって現れるのです。



このような症状が出た場合、症状が軽いようなら、まずは糖分の補給です。
体内に糖分を取り入れることで、自家中毒の原因となるケトン体の発生を
抑えることができます。
アメや氷砂糖など、手軽に糖分を補給できるものを食べさせてあげましょう。


また、脱水症状になりやすいため、水分を少しずつ、様子を見ながら与えるようにします。
顔色が悪くぐったりしているような場合は、脱水症状が進んでいる可能性が
あるため、病院で点滴治療してもらいましょう。


[我が家では、こうしています!]



私の息子は幼児期ごろまで、帰省やイベントの前後になると、
決まって嘔吐や下痢を繰り返していました。
風邪だと思い病院に連れて行ったこともありますが、お医者さんからは
自家中毒を起こしやすいようですね、と言われました。


そこで、行事やお出かけを控えていても、そのことをあえて話題にはせず
普段通りの生活が出来るようにしてあげました。


明日は○○があるから楽しみだね〜、早く寝ようね〜、
などと言いたくなりますが、そこはグッと我慢。
特別なことがあっても食事、睡眠のリズムは崩さないようにし、
夜寝るときは安心出来るよう、手を繋いで寝たりしていました。


そうしていくうちに、徐々に嘔吐下痢の頻度は少なくなっていき、
小学生になった今ではほぼなくなりました。



google Sponsored Link2


[まとめ]



いかがでしたか?


大人でも緊張やストレスでお腹の調子が悪くなったり、胸のあたりが苦しくなったり
することがありますよね。
子供は特に、心身の状態がすぐに症状となって出やすいもの。


ストレスによる嘔吐下痢などの症状は、子供が自ら余計なストレスなどを
外に排出しようとしている、いわば自浄作用の一種なのかもしれません。


さっきまで元気だったのに、急に嘔吐が始まると慌てるママが多いと思いますが、
そのような時だからこそ落ち着いて対処できればいいですね。


子供への一番の薬は、ママが与える愛情と安らぎ、笑顔ですよ!

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link