赤ちゃん幼児子育て.com

新生児の目やにの原因と対処法は?

Sponsored Link

新生児の目に目やにが出ていると!
これどうして?病院にいったほうがいいの?と
とても心配になりますよね。


今回は、新生児の目やにの原因と対処法に
ついてご紹介します。


google Sponsored Link1

【目やには風邪ででる?】



新生児のうちは、風邪はひかないと言われていますが、
生後1週間の赤ちゃんでも風邪をひくことがあります。


もちろん、新生児が風邪をひくと、発熱など
とても心配ですが、鼻風邪だった場合は、
まだ、新生児は鼻水を自分ではかめません。
ねんねが多いので詰まりやすいです。


鼻水がつまり、行き場を失い、逆流して、
目から出ようとすれば、それは目やにとなって出てきます。


風邪をひいて目やにがすごい!という場合は、
鼻水吸引などを使い鼻水を出してあげましょう。


[対策]



家族が風邪をひいていれば、別室で眠る、
マスクをするなど工夫を。
お部屋の室温湿度を適正に。
人混みにはなるべく連れて行かない、
など気づかいましょう。


【お部屋埃っぽくないですか?】



新生児はとてもデリケートです。
ハウスダストが苦手なお子さんの場合は、
結膜炎を起こしているのかもしれません。


また赤ちゃん自身やお世話をするママやパパの手を
返して、ごみやばい菌が目に入って、
結膜炎を起こしているのかもしれません。


結膜炎って目が赤くなり、とても痒くつらいです。
新生児であってもそれは同じです。


我が家の2歳の次男も赤ちゃんの時から
ハウスダストを花粉が苦手。
風強い日や掃除機を少しサボると目を真っ赤にして、
目やにがたくさん出る結膜炎を起こします。


[対策]

お部屋を清掃する、空気清浄機を使ってみる、
赤ちゃん自身の手を綺麗に拭いてあげる。
赤ちゃんの目をさわるときは清潔な手で、
など対策してみましょう。


【小児科に相談しましょう】



風邪でも結膜炎でもなさそうだとなると、
考えれるのは、「鼻涙管閉塞」が心配されます。


目と鼻をつないでいる管が開通していない状態です。
1歳になるころには、成長とともに開通し治る子。
中には手術が必要なお子さんもいるそうです。


[対策]



へんだな〜と思ったら、小児科にまず相談しましょう。
鼻涙管閉塞と診断されても100%手術ではありません。
マッサージしてあげたり、成長を待つなど、
医師と相談しましょう。



google Sponsored Link2


【さいごに】



いかがでしたか?


生活環境を整えている、掃除はばっちり!であっても、
風邪をひくときだってありますし、
結膜炎になることもあります。


仮に、新生児のときになったからと言って
あまりママ自身を責めないでくださいね。


筆者も、外出は最低限、湿度温度は気遣っていたのに、
現在2歳の新生児の時に風邪をひかせたことがあります。
原因は、長男が幼稚園からもらってきたのが
うつってしまったのです。


結膜炎も、兄弟そろってハウスダストに弱く、
寝室の掃除を少しサボると、鼻水と目が痒くなります。
リビングは大丈夫なので、寝室の掃除機だけは
サボらないように心がけています。


赤ちゃんの目やに、あまりにひどい場合は、
小児科に相談しましょう。

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link