赤ちゃん幼児子育て.com

乳幼児RSウイルス感染症の対処!重症化させないためには?

Sponsored Link

毎年秋から冬にかけて、
風邪やインフルエンザの感染症が、
猛威をふるいます。

google Sponsored Link1


それに加えもう一つ、
認識しておいたほうがよい感染症が、
RSウイルス感染症です!


インフルエンザ同様、とても感染力が強いです!


重症化の恐れも、
多分にある感染症です。


乳幼児の多くは、
保育園や幼稚園などの施設で
感染しています。


この記事では、
現在、ベビーシッターの仕事(病児保育にも従事)
についております、
私の実体験をもとに、お伝えさせていただきます。



【風邪の症状に似ているRSウイルス感染症。】



子供が発熱(38度から39度)をして、
咳や鼻水の症状もある。


風邪かな?と思い、受診をすると、
お医者さまから、
「RSウイルスですね。」との診断結果。


「風邪じゃなかったの?RSウイルスって?」
と思われるママも多いと思います。


私も、シッティングの内容によっては、
保護者の方からのご依頼で、受診のため、
乳幼児を病院にお連れすることが、多々あります。


一見、症状は風邪のような感じでも、
受診してみると、≪RSウイルス感染症≫
と診断がでる場合があります。


風邪の症状と、どこが違うのだろう?
私も、最初は疑問に思うばかりでした。


シッター経験を重ねるにつれ、
その違いが、はっきりと
確認できるようになったのです!


発熱自体は風邪と同じような感じです。


鼻水が出るのも、風邪と一緒です。
問題は咳です!


咳に注目していただくと
RSウイルス感染症の咳は、かなり激しいです。


その激しい咳の勢いで、
飲食したものを、吐き出すことがあります。


気分が悪くて、
嘔吐しているのではありません。


その上、呼吸数も多く、
ぜろぜろした呼吸になります。


RSウイルス感染症のシッティングでは、
上記に述べた症状が、
ほとんどの子供たちに、共通して見られました。


咳がひどくなって(咳の勢いで飲食したものを吐く)、
呼吸に異変(ぜろぜろ、多呼吸)を感じたら、
注意深く見守ってくださいね。


google Sponsored Link2



【重症化しないうちに、早めに受診する!】



シッティングで、
受診のため、近所のかかりつけ医院へ行きました。


子供を連れて行ったところ、
「RSウイルス感染症が重症化している。」、
という診断でした。


医師の指示で、
急遽タクシーで、大学病院まで
子供を連れて行ったこともありました。


また別のシッティングでは、
風邪のお疑い(受診前で発熱、咳、鼻水の症状)、
の幼児の病児保育中、午後になり、
咳が酷くなり、咳の勢いで、飲食した物を吐き出しました。


その回数があまりにも多く
、呼吸にも異変(ぜろぜろ、多呼吸)が確認されたので、
至急、保護者に連絡をして、帰宅してもらいました。


受診してもらったところ、
≪RSウイルス感染症≫の診断で、
気管支炎もおこしかけていました。


その様な場合、
脱水症状を回避するために、
水分補給を心がけましょう!


咳が治まっている時を見計らって、
お水やお茶、経口補水液などを、
飲ませることも大切です。



【まとめ】



いかがでしたでしょうか?


今回の記事では、
乳幼児が、RSウイルス感染症に
かかったときの対処について、
私の実体験をもとに、お伝えいたしました。


注意点は、

1.咳の様子を見守る。(激しい咳、咳き込んで吐く。)
2.呼吸の異変(ぜろぜろ、多呼吸)を察知する。
3.早めに受診する。
4.水分補給(状態が落ち着いている時に。)

RSウイルス感染症は、
感染力がとても強いので、
ご家族がうつらない様に、
気をつけてくださいね。


咳が治まっている時には、
水分補給をしてあげてくださいね。





(ベビーシッター聖子) より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link