赤ちゃん幼児子育て.com

乳児がRSウイルス!どの様な経過になる?

Sponsored Link

乳幼児を中心として11月~1月に
流行する呼吸器感染症、RSウイルス。

google Sponsored Link1




RSウイルスは生後6か月以内の乳児や低出生体重児が
感染すると重症化しやすいとも言われているので
小さな赤ちゃんがいる人はとても心配ですよね。



うちの息子も実は去年の12月、生後6か月のときに
RSウイルスに感染してしまいました。



今回は乳児がRSウイルスに感染したとき、どの様な
経過になるのか、またうちの赤ちゃんの場合は
どうだったのか、お話したいと思います。





【乳児のRSウイルスの経過】




乳児がRSウイルスに感染すると、2~8日の潜伏期間
を経て、鼻水、咳、38度くらいの発熱などの
症状が現れます。




RSウイルスは1歳までに70%が、2歳までにほぼ
全員が感染すると言われていますが、初めてRSウイルス
に感染すると症状が重くなりやすく、25~40%が
細気管支炎、肺炎など重篤な症状を引き起こすことがあります。



細気管支炎や肺炎になると、ゼーゼーやヒューヒュー
といった呼吸が苦しそうな症状が見られ、多呼吸や
陥没呼吸(みぞおちあたりがペコペコ凹む呼吸)に
陥ることもあります。



そして全体の3%が重症化して入院治療が
必要となるそうです。



そして怖いことに生後1か月未満の乳児が感染すると
突然死につながる無呼吸発作を起こすことがあるそう
なので、さらに注意が必要です。





google Sponsored Link2


【うちの赤ちゃんの場合】




我が家の赤ちゃんは生後6か月のときに
RSウイルスに感染してしまいました。



まず最初に現れた症状は鼻水ですが、鼻水に関してはだいぶ
前からちょこちょこ出ていたので、いつからがRSウイルスが
原因の鼻水かは正直わかりません。



私が病院に連れて行ったのは、赤ちゃんの様子が少しおかしい
と思い、熱を測ったら38度の熱があったからです。



ただの風邪だろうと思っていましたが、病院では
RSウイルスと診断されました。
そして先生から今後の経過について説明がありました。



先生に言われたのは、しばらくの間は鼻水、咳が続き、
症状が落ち着くのには大体1~2週間かかるということ。



そして乳児は重症化することもあるので、症状が悪化すると
咳がひどくなったり、呼吸困難な状態になる可能性もあると
いうことでした。



うちの赤ちゃんは病院を受診したときは、鼻水と発熱の症状だけ
だったのですが、その後だんだん咳も出るようになってきて
熱は次の日には下がったものの、発熱した日から3日くらいは
元気もありませんでした・・。



しかし幸いなことに4日後くらいから咳も落ち着き、重症化
することもなく、だんだん元気になってきました。



鼻水の症状だけはしばらく続きましたが、それでも1週間
ちょっとでほぼ良くなりました。





【最後に】




RSウイルスは大人が感染しても風邪程度の症状なので、
RSウイルスだと気づかずに、赤ちゃんに移していまっている
可能性もあります。



赤ちゃんが感染すると重症化することもある
大変怖い病気です。



手洗い、うがいなど基本的な予防をしっかり行い、
まずは大人が感染しないように気をつけましょうね。





しろぷーちゃんより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link