赤ちゃん幼児子育て.com

幼児の黄色い鼻水!原因と処置法は?

Sponsored Link

また鼻水出てる!!と、小さいお子さんの
鼻水は本当によく出るものです。
今回は、幼児の鼻水が黄色い場合の
原因と対処法についてご紹介します。

google Sponsored Link1

【黄色い鼻水は風邪の治りかけ?って本当?】




黄色い鼻水は、風邪の治りかけと、
祖父母から教えてもらった!という人も
多いと思います。


私も、実母から「黄色い鼻水は風邪の治りかけよ」と
教えられました。
しかし、これは正しいようで 正しくないようです。


実際は、黄色や緑の鼻水は、風邪をはじめとする、
ウイルスや細菌の死骸が混ざるため、出るそうです。
これは、風邪の治りかけという表現が正しいですよね。


もう一つ、黄色い鼻水が出る原因があります。
それは、副鼻腔炎です。
副鼻腔と呼ばれるところに膿がたまってしまう病気です。
我が家の6歳の長男が、4歳の時に中耳炎をおこし、
副鼻腔炎も併発しました。
見た目は…風邪の鼻水とそんなに変わりありません。


【どんな鼻水が出たら風邪なの?】



いきなり、黄色い鼻水って出始める場合は少ないと思います。
黄色い鼻水が出る前の段階で、透明のサラサラとした鼻水や
白っぽい少し粘度のある鼻水が出ると思います。


透明の鼻水は寒暖の差や体に入ったゴミやウィルスなどを
体外に出そうとして出ていることが多いようです。
他に、喉の痛みや発熱・咳・腹痛など症状がなければ、
様子をみてもOKなようです。


透明の鼻水だけの症状が、長く続くようなら、アレルギーの場合も
ありますので、耳鼻科に相談しましょう。


白っぽい鼻水は、風邪などのウィルスや細菌に感染してから
出ることが多いので、小児科に相談してみましょう。
風邪薬を飲むと症状が和らぐことがあります。


黄色い鼻水の段階で鼻水出てるな〜と気が付いたら、
病院へ行きます。鼻水以外に症状がない!という場合は、
耳鼻科を受診してみても良いかもしれません。
まず、小児科に相談でも良いと思いますよ。



google Sponsored Link2


【さいごに】




お子さんは鼻水上手にかむことができますか?
透明のサラサラした鼻水は、たら〜っと垂れてきますが、
黄色い鼻水は、上手にかまないと鼻の穴の周りで、
かっぴかぴに、乾いてしまったり鼻づまりの原因になります。


「ふーんってするんだよ!」など音で教えるのではなく、
実際、親が鼻をかむところを見せたり、
鼻から空気を出す練習をすると、上手にかめるようになります。


早く教えると、1歳のお子さんでもかめます。(我が家の次男)
教えないと6歳でもかめません(我が家の長男)
早めに教えてあげましょう。
鼻が上手にかめると、中耳炎のリスクもぐっと下げることができますよ。

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link