赤ちゃん幼児子育て.com

ADHDとは?子供への接し方

Sponsored Link

ADHDとは、何の略称なのか、
どういう状態のことなのか知っていますか?

google Sponsored Link1


聞いたことないお母さんもいると思いますが、
子どものためにも知っておいてほしい大事なことです。


何故大事かと言うと、ADHDの子は悲しいのですが、
分からない他の子のいじめの標的になりやすいからです。


今回は、とても大事で、いろんな人に知ってほしい
「ADHDのこと」「ADHDの子どもとの接し方」を話したいと思います。



ADHDとは?



ADHDとは、Attention Deficit Hyperactivity Disorderの略称です。
長いので、私もADHDと言わせていただきますね。


ADHDは、多動性型・不注意型・衝動性型・混合型の
4つの症状がある発達障害です。


次の章で詳しく話していこうかと思っているのですが、
もし読んでいて、少しでも不安や気になる点があったら、
小児神経科や、児童精神科に相談に行ってみましょう。


不安をため込むより、専門の人に相談したほうが、
子どものため、お母さんお父さんのためになります。



どんな症状があるの?



不注意型の子は、
集中力がなく、宿題などをよく忘れます。
レアケアミス(不注意による誤り、軽率な間違いが多い)が多く、
行動がワンテンポ遅く、怪我をすることが多いようです。
確実ではありませんが、女の子に多いようです。


多動性型の子は、
落ち着いてじっとしていることが苦手です。
お喋りも自分でコントロールできないので、
注意をしても、行動をやめれず、
授業中に他の子に話しかけたり、椅子から離れて歩き出します。


衝動型の子は、
思いついたら、考えずに行動してしまい、
自分の感情を抑えれず、すぐに手をあげたり大声を出すので
乱暴な子、反抗的という目でみられやすいです。


多動性型と衝動型は、
不注意型と違い、
2つ一緒に出ることもあり、男の子に多いようです。
ですが、ADHD全体の割合では少数だと言われています。


ADHD全体で一番多いと言われているのは、混合型です。
混合型は名前の通りのなのですが、上記3つの症状が混ざった症状です。
人によって、どの症状が強く出るのかは違います。



google Sponsored Link2


どう接すればいいか




ADHDは自分だけでどうにかできるものではないので、
親と子どもだけで…ではなく、周りの人にも理解してもらいましょう。
悲しいですが、ADHDを知らない人からすると悪い子と思われるので
悪気のない子どものためにも、しっかり説明をすることが大切です。


すぐに集中力がきれてしまうので、
できるだけ集中しやすい環境を作ってあげましょう。


チェックリストを作り、
できなくても怒らず、出来たときはすぐに褒めてあげましょう。


普通の子どもと同じで、ADHDの子も褒められると嬉しいです。
褒めてもらえる喜びで自信を持ち改善していくこともあります。


チェックリストは、ポイント制にしてシール何枚で、
物などと交換できるようにすると、
子どもは楽しく遊びながら頑張れると思います。



もし好ましくない行動をした場合は、
叱ると自信を無くし、自分を制御できなくなるので、
落ち着かせて、次成功しやすいように教えてあげてください。


どうしても叱りそうになると思いますが、
逆効果になってしまうので、一回深呼吸をして、
怒った声ではなく普段の声でわかりやすく説明してあげてください。


保護者の方だけではなく、周りの方も、
どう接すればいいのか不安になると思いますが、
興奮状態の時は叱らず、落ち着くのを待ってあげてください。
あとは親御さんに聞いて同じように接してあげてください。



さいごに



ADHDの子も、きっと苦しんでいます。
苦しんで、でも自分で自分を制御できず、もっと苦しみ、
学校などでは標的にされてしまい、もっと苦しむこともあります。


まだ日本では少ないと言われていますが、
少しでもADHDの理解が増え、
みんなで支えあえる地域が増えると嬉しいなと思います。


難しいことではありません。
ちょっとだけ他の子と違うだけで、そのちょっと以外は一緒です。


接し方は、優しく見守って、できたら褒めて、
できなくても怒らずもう一度ゆっくり優しくわかりやすくお話をする。


変に緊張しなくてもいいと思います。
特別な接し方ではなく、他の子と殆ど同じです。


ちょっとずつでもいいので、子どもたちのいじめが減り、
みんなに優しい地域が増えていくと嬉しいなと思います。
考えることも沢山ありますが、明るい未来を想像していきましょう。


くまのおかんより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link