赤ちゃん幼児子育て.com

4歳児わがままのしつけ、対処法は?

Sponsored Link

こんにちは、じゅんぺいです。
4歳児の息子をもつ父親です。
父、子とも好奇心旺盛な事もあってか、
息子と2人で2週間短期留学したり、

妻の海外旅行に行ってしまい、
息子と2人で1週間過ごしたり、
(当然、祖父母の力は借りず)

かなり貴重な経験をさせてもらってます。


そんな中で試行錯誤して気がついた、子供との接し方についてお伝えします。

google Sponsored Link1


今回のテーマは、
4歳児の息子のわがままのしつけ、対処法についてです。


【少し前まで本当にわがままでしたよ】


どうしてこの記事を書こうと思ったのか?というと、
ここ数週間で息子が劇的に成長し、わがままでは無くなったからです。



息子は、自由奔放です。常に駆け足で、親の足でもついていけない。

いつも楽しそうだし、前向き。
公園では必ずお友達を作る。
お姉ちゃんを捕まえる事が多い(笑)

電車に乗っても老若男女問わず話しかけて、笑顔を振りまいてます。
(↑親バカ…)

そんなのびのびした息子ですが、
好奇心旺盛過ぎてか、わがままです。


・朝、起きない。
・起きてもご飯食べない
・朝食後に手を洗わない
・着替えない
・歯を磨く時に邪魔をする
・行動の合間にいちいちベッドに寝たり、
・バスタオルちゅーちゅーする(笑)

保育園に着いての支度も同じ。
帰宅後にご飯を食べる時も同じ…。


親の勝手な言い分だとわかっていても、
「パパが遅刻するから急いで!」
と、怒る事、300回以上(笑)
はい。息子も悪いですが親も悪いです。。


でも、ある事をしたら、
何でもテキパキやる子になったのです。


これまで朝は、朝食後に
手洗い、お着替え、歯磨き、荷物整理が15分掛かっていたのが、5分で終了。


これはすごい効果だ。


【4歳児のしつけの為に僕がやった事】


たった2つです。

1.息子を信頼する
2.神様に祈る

簡単ではありませんが、
やる価値アリですよ〜


それぞれ詳しく解説しましょう。

【息子を信頼する】


人を全面的に信頼するって難しいです。
例え息子でも。自分の心の状態が整ってないと、
エゴが出て、無理やり言う事を聞かそうとしてしまう。


その行動は本当に息子の為なのか?
自分のエゴではないのか?


いつでも自問自答です。
そうして、信頼と愛情に満ち足りた心の状態で接してみる。

この、相手を操作しようとしない、
ニュートラルな状態になれば、
例え今までと同じ事を言っても、伝わり方が全く異なるのです。


言葉だけではない情報を察知して、
暖かい心で子供は返してくれますよ。


それでも、ワガママは出る時は出ます。
そんな時は『一緒に反省です』

google Sponsored Link2



一緒に正座して、
一緒に何がいけなかったのか反省し、
もちろん親も反省です^ ^


そんな時は飽きてしまってフラフラ、
モジモジしますので、
ピシッと座っていられるか、10秒間数えます。


子供の心が落ち着けば、
ワガママは収まります。



【神様にお祈りをする】


これ、秘伝の方法ですが、
あくまで信頼関係が構築された場合に発揮されます。

無理やり祈らせても効果はありません。


あくまで、本人が
「良い子になりたい!」
と、強い想いを持った時に効果が発揮されます。
(ちなみに僕も良い子になる為に息子より祈るつもりでいます)


神棚とか、神聖な場所を部屋の中に見立てて作って、

親子で正座します。

親の言葉に合わせて子供に復唱して貰います。


(2礼、2拍手を揃えて)
神さま、僕は今日1日、良い子にできましたでしょうか。
明日も、もっと良い子になれるように頑張ります。

明日は早起きして、ご飯を食べて、
ちゃんと手を洗って、保育園の準備をしっかりとします。

パパとママの言うことを聞きます。

良い子になれるように頑張ります。
神さま、そんな僕を見ていてください。


こんな感じです。


ちゃんと真剣にお祈りできた時は良い子になるし、
良い子に出来なかった時は大抵お祈りがうまく出来ていないです。

【どうして祈りに効果があるのか?】


そもそも祈りとはなんぞや?という事になりますが、
簡単に言えばプラシーボ効果です。

息子がやった事は、自分の言葉で目標を言う事で、
自分自身にその言葉をインストールする意味があります。


それは、潜在意識に刷り込むとも言えます。
イメージトレーニングと一緒です。
良い子に出来る自分をイメージして、
それが本来の自分だと思い込む。


人間は、常に潜在意識上では判断をし続けます。
その時の判断基準に、祈りで自分が宣言した言葉を思い出します。


潜在意識の話なので、本人は気づいていません。
でも、心の底ではわかっていて、
自分が良い子だと思う方の行動を起こすのです。


この、祈りは日常でもみる事ができます。
例えばバスの運転手さん。
「発車ヨシ!」

って言いますよね。
あれは、確認の意味もありますが、
安全に対して目を向ける様に潜在意識に刷り込む意味もあります。


この様に、祈りは日常でも使われてるし、
子供だけでなく、大人にも使う事が出来ます。


子供以上に大人が良い子になれる様に祈る事が必要ですね。


じゅんぺい

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link