赤ちゃん幼児子育て.com

2歳児の夜泣きはいつまで?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

夜泣きはいつまで続くのでしょうか?
全くしない!という子から、生後6か月から、
2歳の今までずっとしています。
などお子さんによって違います。
今回は2歳児の夜泣きはいつまでか?を
ご紹介します!


Sponsored Link1

【いつまで?はその子によって違う】



夜泣きって、泣きだすと何をしても泣きますよね。
だっこしても、あやしても、飲み物をあげても、


「何が不満で泣いてるの?!」


とこっちが泣きたくなります。


筆者宅の2歳10か月の男の子も毎日ではないものの、
夜泣きをします。
ちなみに、6歳の長男も夜泣きをする日があります。



え?夜泣きって赤ちゃんがするものでしょ?と
思いますが、乳幼児はいつでも、誰でも、
する可能性があります。



【いつまで続くのか…】




こればかりはわかりません。
現在6歳児の長男も夜泣きをします。



しかし、生後6か月や2歳の夜泣きと違い、
起こして、どうしたの?や飲み物飲む?などと
話をしたり、抱っこなどのスキンシップを
とることで泣き止みます。



ちなみに…夜泣きの原因として6歳児がいうには、
「幼稚園で○○くんが嫌な事した」
「○○がいやなの」
「○○が怖かった」


など日中に嫌な事や印象が強いことがあった時。
また、なんで泣いている分からないときは、聞いても、


「わかんない」といいますが…。
その日に、いつもとは違う出来事があった、
雨で1日家で静かに遊んでいた。
テレビを長く見ていた。


など、環境の変化や体が疲れていない日が多いです。





Sponsored Link2

【2歳の夜泣きはどう対処?】




長男が2歳の時の夜泣きは「なんで泣くの?」
と夫婦揃って寝不足の毎日。


しかし、次男2歳の現在は夜泣き慣れ?をしているせいか、
その日に変わったことがなかったか、
日中疲れていないし、昼寝し過ぎたな…など
どーんと構えて対処します。


2歳はまず、泣きだしたら明るいところで、
起こしてしまったほうが早いと思います。



え!?寝ている子供を起こす?と思うかと思いますが、
寝とぼけた状態でずっと夜泣きさせても、
30分でも1時間でも泣き続けるのが2歳。
体力も声の音量も大きいので、


正直…親が泣きたくなります。
それに、ご近所迷惑です。



それなら、その後遊ばれる覚悟でまず覚醒させましょう。
明るい部屋で、大好きなDVDを見せて、飲み物で落ちつかせます。
子供ってテレビが好きですよね。


泣き止めばこちらのものです。
30分から1時間もすれば、目をこすってあくびをします。
そのまま見ながら寝るまで待つのも1つですが、
寝る?と聞いて、うん。といえば、また寝かしつけしましょう。


我が家はこの方法で夜泣きを乗り越えています。



大人になるまで夜泣きをする子いません。
夜泣きをすると、ママもパパも困ってしまいますよね。
いつか終わる…そう思って一緒に頑張りましょう!



kouu より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP