赤ちゃん幼児子育て.com

2歳児で食が細い!どうしたら?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

2歳になるのにうちの子は全然食べないんです。
お菓子なら食べるけどご飯となると…。



など「食」に対して悩むママは沢山います。


今回は、2歳児で食が細いのはどうしたらよいか?
をご紹介します。



Sponsored Link1

【・気にしすぎはよくないですよ】



我が家には、4歳と1歳の息子がいます。
長男が2歳になる頃、


「全然うちのこ食べないんです…」
と悩んでいました。


事もあろうか、息子は主人譲りの痩せ型。
身長は成長曲線にのっているものの、
体重は、下限ラインをした回っていました。


1歳半健診で、
保健師さんにも、
「おあかさん、ちゃんとごはんを作っていますか?」
「ごはんを与えていますか?」


虐待を探るようなことも言われたこともあり、
相当へこむこともありました。


しかし、食べたがるものだけでも食べたらいいや!と、
気持ちを切りかえました。


長男の好物の、「豆腐」「枝豆」「納豆」を、
苦手な白米の替わりに出し、
「トマト」「キュウリ」が好きなので、
毎朝サラダにして出しました。


好きなものは食べるのです。
子供ですから。


でも、お菓子を食べるからといっても、
与えませんでした。


「お菓子が食べたいならご飯を食べようね」と、
家にはスナック菓子・ジュースを置かず、
お出かけの楽しみしました。





【・奥歯が生えたことで食べ始めた】



実はうちの長男は、
「おっぱい星人」をいう言葉がふさわしいほど、
おっぱいが大好き。


食べなくても成長したのは、
「授乳」していたからだと思います。
(1歳の次男も食が細いですが…成長しています)


そして、2歳を少し過ぎた頃、
奥歯が始め、2歳半になる頃には、
奥歯が生えそろい、いきなり「肉」が大好きに。


そうです。
長男は「歯ごたえのあるもの」が好みだったのです。


それからは、徐々に何でも食べるようになり、
3歳間近には、
「好き嫌い無く何でも食べられる子」
になりました。


Sponsored Link2

【・さいごに】



お子さんが順調に成長しているようなら、
食が細くても、心配せず見守りましょう。


ご飯の替わりに「お菓子」や「ジュース」で、
カロリーを摂取するのは辞めましょう。
のちに、「成人病」のリスクも伴います。


きっと好きな食べ物はあるはずです。
うちの長男は、「ピーナツ」「梅干し」が好きです。


色々な食材や料理を見せたり、出したりして、
好きなもの、知っている食材・料理を増やし、
食の幅を広げてあげましょう。


もしかしたら、大勢で食べる、外食なら食べるかもしれません。


お弁当を作って公園でランチを楽しむ。
子育てサロンなどにお弁当を持参する。


祖父母の家で大勢で食事を楽しむなど、
環境を変えてあげてもよいかもしれません。


大丈夫です。
いつかちゃんと食べるようになりますよ。


Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP