赤ちゃん幼児子育て.com

2歳児の寝かしつけにイライラ…どうしたら良い?

Sponsored Link

2歳児、イヤイヤ期まっただ中の寝かしつけ、
意外と大変ですよね。

google Sponsored Link1


寝ない子供に対して、
忙しいお母さん、ついイライラしてしまいがちです。


今回は、イライラしないための寝かしつけ方法、
私が実践したあれこれ、書いてみたいと思います。



【寝る儀式を決める】




まず、ずっとやっていたことは、
眠る儀式を決めて、眠る習慣を作ることです。


子守唄を歌ったら寝る、
絵本を1冊読んだら寝る、
ぬいぐるみにおやすみなさいを言ったら寝る、


などなどなんでも良いです。
我が家のルールを決めましょう。


おやすみの儀式が終わったら、電気を消して、
お布団に入ります。


我が家は、絵本を1冊読み、子守唄を歌い、
お茶を少し飲んでから眠っていました。


何日か続けることで、眠る習慣が身についてきました。
条件反射で眠くなるようです。


ちなみに、子守唄はいつも違うのを歌うと、
次がある!!と期待してしまうので、
いつも決まった子守唄で寝かしつけるのが良いそうです。




【暖かいと眠くなる・・・?】



子供は、体を温めると眠くなります。


お布団に一緒に入って、
子供の体を温めましょう。


とくに足を温めると効果があります。


足の間に、子供の足を挟んでもよいし、
子供の足を手のひらで包んで温めても良いです。


小さい足、割とすぐに温まります。


温めながら、今日あったことや楽しかったことを話していると、
足がぽかぽか、子供はウトウトしてきます。


何度か背中をポンポンしているうちに眠っています。


これは自分自身も寝てしまうリスクはあるのですが、
けっこう効果のあった方法でした。


google Sponsored Link2




【生活リズムをつけましょう!】



朝起きて、ご飯を食べて、遊んで・・・
そういったおおよその時間を決めて生活しましょう!


生活リズムを作ることは、
これからの幼稚園や保育園の生活で、
とても大事になります。


お昼寝の時間も大事です。
昼寝が午後の遅い時間だったり、長時間になってしまうと、
夜の寝る時間にも影響してくるので、
上手く調整しましょう。


この機会に生活リズムを整えて、
夜、自然と眠くなるようにしてしまいましょう!


何時に何をする、と決めておくと、
体が覚えていき、
その時間になるとすんなり眠ることが増えていきますよ。




【最後に】



知ってか知らずか、早く寝て欲しい時に限って、
寝かしつけは失敗します。


早く寝なさいなどという言葉は、
2歳児には通用しません。


寝ないからと言って怒りを爆発させると、
ますます寝ません。


イライラしたい気持ちをぐっと堪えて、
「今夜も付き合ってやるぞ」
くらいの大らかな気持ちのほうが、
子供もリラックスして、すんなり寝てくれます!


ぜひ実践してみてくださいね!


inekoより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link