赤ちゃん幼児子育て.com

2歳児の寝かしつけにオススメな本は?

Sponsored Link

寝かしつけに、絵本を読んでいるご家庭は多いでしょう。
もちろん、我が家もそんな家庭のひとつ。

google Sponsored Link1






そこで気になるのが、
「みんな、どんな絵本を読んでいるのかしら?」


今回は、経験も交えて、
2歳児にオススメの寝かしつけ絵本を紹介します。


●どんな絵本がいいの?

・ポイント1

アンハッピーエンドや刺激の強い絵本は避けたほうがいいです。
ゆったりした気持ちにさせたいのに、脳を活性化させてはいけません。


・ポイント2

子供にあった絵本を選びましょう。


長いお話を理解するのはまだまだ難しいかも。
そう感じたら、ストーリーのないものや、あっても短い絵本を。


これじゃ、短すぎるかも・・・。と思ったら、絵本の数を増やしてみては?


・ポイント3

子供が選んだ本を読みましょう。


毎日毎日、同じ絵本を読んで飽きないの?!
何回も読まされてウンザリ・・・。
と思うことありますよね。


でも、「子供が選んだ絵本」=「子供が大好きな絵本」です。


ポイント1、2に反していても、読むことをお勧めします。

google Sponsored Link2

●寝かしつけにオススメ!5選!

1.「ねないこだれだ」

著者:せな けいこ
出版社:福音館書店


「夜になったら寝るんだよ」というメッセージの絵本。
どろぼうやオバケがでてくるので、怖がってしまう子もいるかも。


2.「よるくま」

著者:酒井 駒子
出版社:偕成社


よるくまと男の子が、よるくまのお母さんを探しに行きます。
子供だけでなくワーキングママにも人気の一冊。


3.「おやすみ、はたらくくるまたち」

著者:シェリー ダスキー キンカー
出版社:ひさかたチャイルド


働く車が好きな子にお勧め。
車の寝顔がとってもかわいい。
第2作目「よるのきかんしゃ、ゆめのきかんしゃ」もいっしょにどうぞ。


4.「おやすみ ゴリラくん」

著者:ペギー ラスマン
出版社:徳間書店


動物園のゴリラが他の動物たちの檻をどんどん開けていってしまいます。
字が少ないので、いろいろな読み方ができます。


5.「こんやはどんなゆめをみる?」

著者:工藤 ノリコ
出版社:学研


5匹のこぶたはどんな夢をみるのかな?
とってもかわいい、想像力が豊かになる絵本。




●きそかかぁさんちの場合

毎晩の寝かしつけで、布団の上に寝転がって
絵本を読んでいます。


「夜だから、コレ!」というのは決めずに
絵本は毎回、子供に選ばせています。


なので「ウォーリーをさがせ」を選ぶ日もあります。


何度も読んだ絵本は、主人公を子供の名前に変えて読むこともあります。
自分が絵本の世界に入った感覚になるのか、とっても喜びますよ。
試してみてください。



●最後に

絵本は、親と子供にとって、とても大切な時間。
5分あれば読める絵本もたくさんあります。


忙しいけれど、ちょっと時間を作って読んでくださいね。


written by きそかかぁさん

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link