赤ちゃん幼児子育て.com

1歳からの知育玩具の手作り方法!

Sponsored Link

知育系のおもちゃって値段が高くて、
なかなか手が出ませんよね。

google Sponsored Link1


高いお金を払って、せっかく買ったのに、
さっぱり子供にウケなくて、
結局、あまり使わなかった・・・なんてことも。


そんな、勿体ないことにならないように、
知育玩具を手作りしてみましょう。


現在1才3ヶ月の娘のために、
私が作ったおもちゃを3つ、ご紹介します。




ひらがなカード

005._tmp1_ひらがなカード_章タイトル下


赤ちゃんって、なぜかカードが大好きですよね。
よくお母さんの財布をイタズラして、
クレジットカードを全部、出してしまったりします(笑)


大好きなカードで遊びながら、言葉を覚えられたら・・・と思い、
牛乳パックで、ひらがなカードを作りました。


【用意するもの】
 牛乳パック
 いろいろな色の油性ペン
 はさみ
 両面テープ
 ガムテープ(透明)


【作り方】
 1.牛乳パックを解体し、図のように、
   のりしろがついていない3面から、正方形を6つ切り出します。

 2.そのうちの2枚に、絵とひらがなを書きます。

 3.背中合わせにして両面テープで貼り合わせ、
   ラミネート代わりに、透明のガムテープを貼ります。
  (十字に張ると丈夫です。)

 4.4つの角を丸く切って、完成です。



赤ちゃんは1歳の頃、耳で聞いた言葉をたくさん吸収します。
作ったカードを1枚1枚、見せながら、
「おいしそうな、りんごだねー! りんごのりだよー!」
などと語りかけをして、言葉を覚えるお手伝いができると良いですよね^^


また、子供の好きなキャラクターでカードが作れるのは、
手作りならではです。
パパやママの写真をつかって、実写版にしても面白いですよ!




チェーン通し

005._tmp3_チェーン通し_章タイトル下


ダイナミックな遊びばかりを好み、集中力がなかった娘に、
たまには細やかな作業をさせたくて作りました。


【用意するもの】
 チェーン
 タッパー
 カッター

【作り方】
 1.チェーンは、ホームセンターで買います。
   ちょうどいい細さのものを、20~40cmに切って貰います。

 2.タッパーの蓋に、チェーンが通るくらいの穴を開けます。



チェーンを穴からタッパーの中に入れる遊びなのですが、
やってみると意外に難しいです。


一気に通そうとすると、ダマになって穴に引っかかってしまうし、
途中まで通して手を離してしまうと、
穴からスルスルと逆流して、出てきてしまいます。


絡まないように注意しながら、
端っこから少しずつ、根気よく入れていかなければならず、
かなりの集中力がいります。



google Sponsored Link2



巨大ブロック

005._tmp2_ひらがなカード_【作り方】内部


ブロック遊びは、子供の発想力を伸ばすと言われています。
パーツが細かいブロックは、
1歳の赤ちゃんには、まだ誤飲の危険性がありますが、
巨大ブロックなら心配ありません。


【用意するもの】
 牛乳パック
 新聞紙
 ガムテープ(透明)
 はさみ
 

【作り方】
 1.洗って乾かした牛乳パックの中に、
   新聞紙をギュウギュウになるまで詰め込みます。
  (なるべく固くギッチリ詰めたほうがいいです。)

 2.牛乳パックの上部の4角に切り込みを入れて蓋を閉じ、
   ガムテープで固定します。

 3.牛乳パック3つを、図のように互い違いになるようにして、
   ガムテープでグルグル巻いてとめます。



たくさん作れば、いろいろな遊びができます。
円形につなげてお風呂に見立てたり、
飛行機のような形に組みあげて乗って遊んだり、
高く積み上げてキックで崩してみたり。


005._tmp4_巨大ブロック_章タイトル下




まだブロックに興味がない1歳の赤ちゃんでも、
体を使って遊べる楽しさがあるし、
息が長く、小学生になる息子も未だに遊んでいます(笑)



おわりに



いかがでしたでしょうか。
知育玩具を3つ、ご紹介しました。


どれもこれも、お金をかけずに簡単に作れるものですので、
興味がある方は、ぜひ作ってみてくださいね^^





nana★mama より

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link