赤ちゃん幼児子育て.com

1歳半のトイレトレーニング!どうやる?

この記事は3分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

トイレトレーニングを
はじめる目安として



こどもがトイレに興味をもちはじめた。
排泄後にこども自身が教えてくれるようになった。
排尿の間隔が二時間以上開くようになった。


というのがあります。


お子さんの場合はどうでしょう?
もしかして、
これらの要件を全てクリアしていませんか?


実は、一歳半から二歳にかけて、
こどもの膀胱はこれらの要件を満たすべく発達するのです。


なので、1歳半を過ぎていないお子さんの場合、
膀胱の発達途上段階で、失敗する頻度が多く、大変かと思います。


最近では三歳頃にはじめるトイレトレーニングも増えてきました。
だけど、もし一歳半を過ぎていて、お子さんの要件がそろっているのなら、
一度チャレンジしてみませんか?


オムツが外れることは大きな成長です。
母子ともにメリットがとても大きいのです。


Sponsored Link1

【無理に早く外すことはない。でも、あえて遅く外すこともない】

昔は一歳を過ぎたらオムツを外していた。
聞いたことはありませんか?
私自身も母から聞きました。


当たり前のように、まだオムツ履いているの? と聞かれ、
今は二三歳で外すことが多いらしいよ、と多少むっとして答え、
今はオムツが安いし性能もいいものねぇ、と流されて会話は終了。


でもふと思ったのです。
昔の人は当たり前に1歳を過ぎればオムツをとっていた。
それは言い換えれば、1歳を過ぎればできるということではないか?


確かにオムツの性能は良くなった
だけど、人間の体の構造がたかが一世代で変わるだろうか?
いいえ、変わるとは思えません。




【昔ながらのオマルにノーパン】

この理論をもってして、鼻息荒く意気込んだ私は、
トイレトレーニングを開始しました。


夏場でオムツの線が肌に赤く残るのが目につき、痒そうにしていたので
いい機会だと思いました。
娘がちょうど一歳半を過ぎたときです。


おしっこが出たと言える。
補助便座にも嫌がらず座れる。
排尿感覚は二時間どころか四時間開くこともある。


これはいける!!


はず・・・なのに、出ない。
出ない。
出ない。


約二か月です。
補助便座の隙間から見える娘の股間に、煌々と光る尿を待ち続けた時間。


もちろんただ待っただけではありません。


一気に綿パンツにする。
トイレの絵本を見せる。
トイレが楽しくなるようにアンパンマンのポスターで飾る。
おしっこが出たらご褒美にシール作戦。


でも、出ないのです。


娘みずから出そうと言い、便座にまたがることもありました。
出なかった、と残念そうにして、でもオムツをはいた途端に出る、
そんなこともよくありました。


そこで理由を聞いてみたところ、「こわい」との答えが返ってきたのです。
なにが怖いのか。
補助便座も怖くなく、トイレという空間も怖くない。


だけど、補助便座でおしっこをすること、それが怖いらしいのです。


このまま進めてうまくいくとも思えません。
というか、このままでは一生出る気はしません。


何か解決策を!
と調べたときに、行き着いた答えがオマルでした。
そもそも昔の日本は和式便所が主流で、トイトレもオマルが主流だったのです。


オマルであれば、こどもが自分の意思で座ったり、降りたりできる。
足がしっかりと地面につく。
尿が出たかどうかの判断が一目瞭然。


補助便座を先に購入していたため、少し迷いましたが背に腹は代えられない。
痛い出費ではあるが、とにかくトイトレを進めたい。


その一心でオマルを購入。いつでも座れるように部屋の隅にオマルを設置し、
夏だったのでパンツは履かせず、
ここにおしっこしてねと説明だけしてあとは誘いませんでした。


すると、


娘がおもむろに座ったのです。


そして、


出ました!!


感動しました。おもわず立ち上がって拍手しました。握手まで求めました。


そこからはトントン拍子に進みました。
うんちが成功し、オマルから補助便座、家の外でのトイレ、公園の和式便所。


もちろん途中失敗することは何度もありましたが、
二歳になる前に日中のオムツは完璧に外れました。


Sponsored Link2

【おわりに】

オムツが外れることで、たくさんのメリットがあります。
オムツ代が浮き経済的なことはもちろん、トイレでの排尿排便は衛生的、
尿路感染症などのリスクの低下、オムツかぶれ、乾燥の解消など。


また二歳前にとることで、二歳以降のイヤイヤ期、
おむつ替えを拒否されるなどということもなく、


長くオムツをつけることでちょこちょこ排尿する癖がつき頻尿になる
そんな心配もありません。


だけど、おもらしされるとショックですよね。


私はオマルに変えるまで、正直イライラしました。
悪戦苦闘しました。
だから、お母さんが過度にストレスを感じてまでする必要はないとは思います。


だけど、オムツ卒業にはこんなにもメリットがあるのです。
そして、要領よくうまくいけばトントン拍子にすすみます。
ダメなら中断すればいい。


どうしようと迷うなら、一度はじめてみてはいかがでしょう。
もしかしたら、あれよあれよとオムツが外れるかもしれません。


sazae33より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP