赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの鼻水…耳鼻科に行った方が良い!?

Sponsored Link

みなさんは、赤ちゃんが鼻風邪のとき、
どんな風に対処していますか?

google Sponsored Link1


市販の鼻吸い器で吸ってみても、
奥に溜まっている粘っこい鼻水は、
なかなかスッキリ取れません。


垂れてくる鼻水を頻繁に拭いていると、
そのうち、鼻の下が赤くなったりしてしまいます。
早く治すには、やっぱり病院へ行くのが一番です。


ところで、症状が鼻水だけの場合、
小児科よりも耳鼻科に行った方が良いこと、知っていますか?
では、なぜ耳鼻科がよいのでしょうか。




理由1 鼻水で心配なのは、耳、副鼻腔、喉!


鼻水が酷い時、心配なのは中耳炎と副鼻腔炎でしょうか。


鼻にある細菌が、鼻と耳を繋ぐ管を通って耳に入り、
炎症をおこしてしまうのが、中耳炎。


鼻のまわりにある副鼻腔というところに入り、
炎症をおこしてしまうのが、副鼻腔炎です。


とくに赤ちゃんは、
鼻と耳を繋ぐ管も、副鼻腔もまだ未発達なので、
中耳炎や副鼻腔炎にかかりやすいんです。


病気ではありませんが、
鼻が詰まると、口呼吸になるため、
喉を痛めてしまうこともあります。


いずれにしても、耳鼻科が専門になります。




理由2 耳鼻科の診察は処置が魅力!


私の娘は、熱のない鼻水だけの風邪で、
小児科と耳鼻科、両方を受診したことがあります。


小児科の診察は、だいたいこんな感じです。


聴診器で胸と背中をモシモシ

喉を見る

耳の中を見る

お腹をさわる


そして、おそらく軽い風邪でしょうね~と言われて終わり。
しかも、耳の中は耳垢が詰まっていて、見えないそうです。
だったら取ってよ・・・と思います。

処方された薬は、
アスベリン、ペリアクチン、ムコダインの混合薬でした。



一方、耳鼻科の診察はこんな感じです。

聴診器で胸と背中をモシモシ

喉を見る

耳垢を取って、奥まで見える状態で耳の中を見る

鼻の中を見る

鼻水を吸いとる


そして、耳、鼻、喉に異常がないかを教えてくれました。


処方された薬は、
ムコダイン、ペリアクチンの混合薬でした。


小児科は、
「風邪以外に危険な病気が隠れていないか」
「鼻水は何によるものなのか」
という観点で診察しているのに対し、


耳鼻科は、鼻、耳、喉を重点的にしっかり診察し、
鼻水を吸引するなど、
症状を改善させる「処置」をしてくれるところが魅力ですね。


google Sponsored Link2




理由3 待合室の環境も耳鼻科が安心


小児科は、嘔吐や下痢、高熱、発疹など、
様々な症状のある子供が集まります。


ちょっとした鼻風邪で小児科に行ったら、
水疱瘡やノロウィルスなど、もっと大変な病気をうつされた!!
そんな悲しいことも、しばしば起こります。


耳鼻科にも風邪の方がいないわけではないですが、
小児科ほどではありませんね。




おわりに


いかがでしょうか。


今まで、軽い鼻風邪でも小児科を受診していた方。
今度はぜひ、耳鼻科へ行ってみて下さい。


耳鼻科で処置してもらった方が、
お子さんの症状も楽になりますよ^^




nana★mama より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link