赤ちゃん幼児子育て.com

離乳食とアレルギー!卵はいったい、いつからあげたら良いの?

Sponsored Link

10倍粥から離乳食を開始して、これからどう進めていったらいいの?
そう、不安になりますよね。

google Sponsored Link1


赤ちゃんには口にする全てが初めてなので、
初めての食べ物を与えるたびに怖くなりますよね。
いったい、いつからあげたら良いのか分からない!




そんなあなたの為に、この記事では、
両親に食物アレルギーが無くても、子供が食物アレルギーになるか?や
離乳食の卵を開始する時期と、アレルギーの症状について
お伝えしたいと思います。



【両親は食物アレルギーがなくても、子供はなるの?】




まず、先に紹介として、私の
上の子は「卵アレルギー」です。



“卵(卵黄・卵白)”クラス4 の他に、
鶏肉        クラス2
イクラ       クラス2
エビ        クラス3
カニ        クラス3
イカ        クラス2


があります。


見て、少し勘付いた方もいるかもしれませんが、
卵アレルギーの場合は、「卵」の「親」である
鶏肉も、アレルギーの可能性があるんですよ。


しかし、鶏卵のアレルギーがあっても、
魚卵のアレルギーは別物だそうです。



背景としては、母である私も、父である夫も
食物アレルギーは持っていません。
お互い肌は弱い方で、私は花粉症、夫はアトピーです。


正直、食物アレルギーを持たない両親ですから、
子供がそうなるとは思ってもいませんでした。


当然、「そばアレルギーはアナフィラキシーが怖い」
「卵や乳アレルギーの子は割と多い」というくらいの
知識しか持っていませんでした。


結論から言うと、アレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎など
“アレルギーを起こしやすい”という体質は
遺伝子やすい傾向にありますが、
必ずしも親子が共通する症状としては出てこないようです。






【離乳食の「卵」の始め方】




卵は基本、固ゆでの卵黄から開始します。
うちの場合は、卵黄を与えた時期は生後9ヵ月です。


卵の開始時期は、7ヵ月~OKとされていて、
赤ちゃんの成長具合や、お母さんの判断になりますが、
とても心配だから、1歳過ぎてから与えるという人も
結構います。


なぜ固ゆでの、しかも卵白ではなく卵黄からかというと、
卵白は特にアレルギーを起こしやすく、
卵黄の方が比較的アレルゲンが少ないからなんです。


量は、通常の量ですと「1さじ」から始めますよね。
でも、ゆで卵の黄身の「1さじ」って、
とっても多く感じませんか?


卵の場合は、「1さじ」ではなく、
「1/4以内」から始めるのが基本です。
怖ければ、「耳かきで1さじ」から始めてください。


3歳を迎えて、卵のクラスが2に落ちた上の子でも、
現在除去食ですが、試すなら「1/8以内から」と
言われているくらいです。
下の子が9ヵ月なので、これから与えるのに
同じ開始点ということですね。


卵黄を全て食べられるようになってから卵白を開始します。
そして、半年以上経ってから、半熟などを与えていきます。


google Sponsored Link2


【たまごボーロや卵黄ボーロから始めても良いの?】




実は、「たまごボーロ」はアレルギーを起こしやすいんですよ。
なぜかというと、「全卵が入っているから」
では、「卵黄ボーロ」なら、卵黄だから大丈夫かな?
そう思いますよね。


実際に、「赤ちゃん用たまごボーロ」から始める方や
「卵黄ボーロ」から始める方も多いです。
結果、食べられたから大丈夫!ということにはなります。


しかし、しっかりと手順を踏むなら、面倒でも
しっかりと火を通した卵の卵黄から始めてほしいです。


その根拠は、「卵黄ボーロ」の場合、
工程の中で卵を割って卵黄と卵白に分けるので、
どうしても表面に付いた卵白は取り除けないからです。




【アレルギーを起こすとどんな症状が出るの?】




上の子は固ゆでの卵黄から始め、1/2くらい食べてから
数日後に「たまごボーロ」を1粒食べ、
その場で3食分もの量を嘔吐しました。
そして、本能なのか食べる前に激しく拒否しました。


症状も様々で、口の周りが赤くなる子や、
全身に湿疹ができる子、気管など臓器系に炎症が起きて
アナフィラキシーになる子もいます。


症状が出るタイミングも違うんですよ。
食べてその場で症状が出る子、30分後に出る子、
2日後に出る子もいるんです。


卵だけに関する事ではなく、食べてから2日以上間をおいて、
また与えることや、
診療時間内に初めての食べ物を与えるのは離乳食の基本ですよね。



【さいごに】

いかがでしたか?
神経質過ぎるのも良くないですが、
アレルギーが無ければ体の栄養に必要なものですから
怖がらないでほしいです。


検査をした時の「クラス」についてはあくまで目安ですので、
体調によりアレルギーが出たり、
クラス2だけど、サラダのマヨネーズが大丈夫な子や
クラスが1でも、触るだけで湿疹が出る子もいますので
しっかりと様子を見て進めてほしいと思います。



食べられたら与えられる幅が広がって楽しいですし、
食べられなくても代わりの食べ物を考える楽しさがありますよ♪

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link