赤ちゃん幼児子育て.com

離乳食とアレルギー!納豆はいつからあげたら良い?

Sponsored Link

離乳食が進んでくるといろんな食材を
与えたくなりますよね。

google Sponsored Link1




好き嫌いが分かれる
「納豆」について
離乳食レシピと一緒に
ご紹介します。


■いつ頃から与えていいの?

納豆は大豆からできていて
アレルギーに注意したい食材です。


そのため、
離乳食として与える場合は、
中期〜後期(7〜11ヶ月頃)に
少量ずつ与えましょう。


特にアレルギーの心配がない場合は、
離乳食初期からでも与えて大丈夫ですが、
その場合は、細かくきざんで湯通しし、
すりつぶしてから与えましょう。


我が家の場合、
7〜8ヶ月頃から与え始めました。


最初は細かく刻んだり
お湯で軽く洗ってから
与えるようにしていました。


お湯で洗うと
ネバネバがなくなるので、
ネバネバが苦手そうなら
湯通しがオススメです。


刻むのが大変な時は
ひきわり納豆を
使っていました。



google Sponsored Link2


■離乳食レシピ


☆納豆粥・うどん(離乳食中期〜)


刻んで湯通しした納豆とお粥を、
お出汁と合わせるだけです。


お粥のかわりに
くたくたに茹でたうどん
でも大丈夫です。


☆納豆おやき(離乳食後期〜)


お茶碗1杯のご飯に、
卵1個と
納豆1パックを混ぜて
納豆ご飯を作ります。


そしてそれを
スプーン1杯分くらいずつ、
フライパンで焼きます。


火を通しているので
ベタベタしないし、
掴み食べをし始めていた息子には
ちょうどよいメニューでした。


また、全部焼いてしまってもいいですが、
子どもが食べる分だけ焼き、
残りは少しご飯を足して
自分の分のご飯にすることもできたので、
お昼時にはよく作っていました。


☆納豆卵焼き(離乳食完了期〜)


卵3個をボウルに割り入れ、
納豆1パックと
砂糖を少々入れて
よく混ぜます。


あとはフライパンで、
卵焼きを焼くように焼くだけ。


こちらも掴み食べがしやすいのもあって、
今でも2歳の息子は大好きなメニューです。


大人のメニューにも
そのまま使えますので、
いつものメニューに
もう一品欲しいときは重宝しますよ。


■さいごに…

納豆は
・タンパク質が豊富
・離乳食中期頃から後期頃に
・アレルギーが心配なければ初期から
・アレルギーが気になる時は後期から少量ずつ与える
・ご飯や卵と混ぜて掴み食べしやすいメニューがつくれる

離乳食には便利な食材だと分かりました。


納豆は
大人でも好き嫌いが分かれる
メニューですが、


タンパク質が豊富ですし、
赤ちゃんのうちから
色んな食材を口にするのは
大切なことです。


自分が嫌いだからという理由で、
子どもが食べる機会を
奪わないであげてくださいね。


もしくは、
離乳食であげるのをきっかけに
納豆嫌いを克服する
ことに挑戦してみてはいかがでしょうか?


(くろひつじママより)

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link