赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんに水!そのまま飲むのはいつから?調べて感じた事

Sponsored Link

おっぱいやミルクを、ごくごく飲む赤ちゃん。
まだ、離乳食が、始まる前の赤ちゃんにとっては、
ごはんであり、水分でもあります。


大人は、喉が渇くと、一番手軽に飲めるのが、
蛇口をひねると出てくるお水、水道水です。


赤ちゃんには、煮沸をしてからあげますが、
いったい、いつから、煮沸をしなくても、
あげられるようになるのでしょうか?


そこで今回は、
赤ちゃんが、お水をそのまま飲むのはいつからなのか、
その安全性について、調べてみました。



google Sponsored Link1


【そのままのお水を飲めるのはいつから?】



実は、赤ちゃんが飲む水を、いつまで煮沸しなければならない、
というのは、特別決まってはいません。


そのため、赤ちゃんが、
水道水を飲めるようになる時期に関して、
色々な考え方があるようです。


<生後すぐに飲ませても良いという考え方>


以前の日本では、井戸水などを飲用することが普通であり、
その時代では、水の殺菌が不十分であったため、
そのまま飲んでしまうと、下痢などの症状が出るとされていました。


ですが、水道が普及した、現在の日本では、
水道水は、十分に殺菌されているため、
生後間もない赤ちゃんが飲んでも、大丈夫と考えられています。



<生後6ヶ月頃からという考え方>


赤ちゃんが、水道水を煮沸せずに
そのまま、飲めるようになる目安は、
離乳食が始まる、生後6ヶ月頃から、とも言われています。


この頃になると、離乳食も始まりますが、
おもちゃを、手に持つこともできるようになり、
自分の手や、おもちゃを、口に入れて舐める時期にもなります。
腸も発達し始めて、雑菌の世界に慣れ始めるので、
6ヶ月からという考えのようです。



ただし、いずれにしても、初めて口にする物なので、
少しずつ飲ませてみて、下痢や軟便にならないか、
様子を見ながら、あげるのが良いでしょう。





【水道水の安全性は?】



水道水には、消毒のため、塩素が入っています。
しかし、この塩素は、
人体に影響があるほど、大量に入ってはいません。


また、水源地からとった水を、浄水場で塩素殺菌する過程で、
「トリハロメタン」という物質ができます。


この、トリハロメタンという物質が、
体に悪い影響を及ぼす、と言われています。


水道水には、必ず入っていますが、非常に微量で、
一生飲み続けたとしても、健康には問題がありません。


ですが、一方では、
トリハロメタンは、非常に有害な物質であり、
安全であるというのは、大人が飲用するに限った話しで、
赤ちゃんが飲む場合は、濃度が高くなる、という説もあります。


この、トリハロメタンという物質は、
水を沸騰することで、取り除くことができますが、
10分以上の沸騰を続けることが、必要です。
5分程度の沸騰だと、反対に、トリハロメタンの濃度を高めてしまうので、
注意してください。


水道水を煮沸して、赤ちゃんに与えるのは、
もちろん、塩素を抜くためなのですが、
生後間もない赤ちゃんは、非常に臭いに敏感なため、
塩素の臭いを気にしないように、というのが、一番の理由のようです。


また、煮沸した湯冷ましは、実は、井戸水を飲んでいた時代に
勧められていたもののようです。


水道水の場合、塩素で滅菌しているため、
大腸菌・ぶどう球菌などといった、最近は存在していません。
なので、煮沸する必要がありません。


湯冷ましは、塩素が抜けているのですが、
反対に、細菌が繁殖しやすくなっています。
作り置きなどはせずに、すぐに飲むようにしなければなりません。





google Sponsored Link2


【水道水、我が子の場合】



我が子が、赤ちゃんの時も、
「水道水は何歳から」と決まってはいませんでした。


決まっていないので、
色々調べて、母親である私自身が、決めるしかありませんでした。


保健所での検診時には、

「1歳までは、湯冷ましにしてください」

と言われましたが、理由を聞いても、

「その方が安全だから」

としか、答えてもらえませんでした。


同じ月齢の子がいる、ママさんに聞いても、
やはり意見はバラバラ。


離乳食が始まったから、水道水を飲ませるようにしたママ、
湯冷ましが大好きで、作るのが追い付かず、水道水にしたママ、
自宅での飲料水は、ウォーターサーバーにしているから、
赤ちゃんにも同じウォーターサーバーのお水を、というママ。


同じ時代に、同じ月齢の子を持つママさんでも、
こんなにも、意見が違うものなんだと、びっくりしました。


私が実際に、水道水を飲ませ始めたのは、
子どもが、自力で、歩くことができるようになった、
1歳2ヶ月頃からです。


今までの、寝転がる・お座り・ハイハイに比べて、
歩くということは、運動量も格段に増え、
水分の補給が必要になる、と考えたからでした。


ただ、まだ母乳も飲んでいましたし、
赤ちゃんでも飲めるジュースなども、与えていたので、
水道水ばかりで、水分補給はしていませんでした。


一つだけ、3歳になるまで、
飲ませないように注意していたのは、公園の水です。


公園なので、当然なのですが、
一年中外にあり、水道の殺菌も消毒も、
常日頃、されていたわけではなかったため、
3歳までは、自宅の水道水を持ち歩いて、飲ませていました。


そんな我が子は、現在4歳です。
大きな病気ひとつせずに、すくすくと育っています。





【さいごに】



赤ちゃんを守るのも、育てるのも、
ママの、大切な役目ですよね。


水道水ひとつにしても、
これから先、何十年と生きていくために、
有害な物質が、蓄積しないように、気をつけなければならないですし、
かといって、守りすぎても、
体が鍛えられずに、病気がちになってしまうことも。


正解がない、となると、
本当に、頭を抱えてしまいたくなります。


水道水だけではなく、
育児というのは、途中で間違ったと気がついても、
軌道修正ができると思うんです。


正解がなければ、
色々と情報を集めて、
ママ自身が、自分に自信を持って、
前に進むのが、一番良いと思います。


そんな頼もしい、ママのことを、
赤ちゃんは心から、信頼してくれるのではないでしょうか?


(追記)
何はともあれ、とにかく安全を、という場合は、
ウォーターサーバーがコスト的に安いのでオススメです。
(2リットル150円~)

お子様の放射能をはじめとする、
安全に関して気を配るようなら、
検討してみても良いかもしれません。

100社以上の比較があるので、
きっとお目当てのウォーターサーバーが見つかると思います。





最後までお読みいただき、ありがとう御座います。

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link