赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんが鼻水・・・受診の目安は?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

赤ちゃんが、頻繁に鼻水を出していたら・・・。
病院を受診させたほうがよいか、判断に
迷うことがあると思います。


元気そうだし、鼻水だけだから大丈夫とも
思われるかもしれませんが、後でひどくなったら
大変ですよね。


ここでは、赤ちゃんの鼻水について、
どのような場合に病院を受診すればよいかをご紹介します。



Sponsored Link1

[鼻水の色が無色の場合]


寒い屋外から温かいお家に帰宅。
これだけのことでも、赤ちゃんは鼻水が出ます。


赤ちゃんは、ちょっとした気温変化にも
敏感なんですね。


このような時の鼻水は、たいてい無色で水っぽく、
ヨダレとよく似ています。


咳や熱がないようなら、鼻水は一時的なものだと
思われますので、しばらくお家で様子を見て大丈夫だと思います。


私の娘が1歳前だったころ、特に冬場は、
外から帰ってくるとよく鼻水が出ていました。
ひどい時は涙もポロポロ・・・。


なので、帰ってきてからのお顔の拭き取りは
欠かせませんでした。


[粘り気のある鼻水の場合]


鼻水が黄色もしくはやや緑色で粘り気があり、
気温変化に関わらず頻繁に出ているような場合は、
風邪や鼻炎になっていることが考えられます。


特に、赤ちゃんが黄色い鼻水を出していれば、
風邪のウイルスに感染した可能性が高いです。
熱や咳がなくても、念のため病院を受診したほうがよいです。


粘り気のある鼻水は、鼻づまりを起こす原因にもなります。
赤ちゃんは鼻づまりを起こしやすいので、放っておくと
呼吸が苦しくなったりすることもあります。


症状が悪化する前に、病院で診てもらいましょう。





[我が家では・・・]


娘は赤ちゃんの頃から、季節の変わり目や寒暖の差が激しいと、
よく鼻水が出ます。


今はもう3歳になり、自分で症状を訴えることができるので
たいていの場合は様子を見ています。


赤ちゃん時代は、鼻水が出ているな~と気づいたら、
一晩様子を見て、まだ下記のような症状があれば病院に
連れて行っていました。



・鼻水の色が黄色くなった


・夜に咳が出ていた


・熱がある、または元気がない


・機嫌が悪い


また、病院に行って他の病気に感染するのも嫌だなと思い、
熱がないときは耳鼻科を受診するようにしていました。



Sponsored Link2

[まとめ]


赤ちゃんに鼻水が出ているときは、鼻水の色や状態、
頻度が、受診するかどうかの目安になります。


それでも、特に育児が初めてというママさんは、
赤ちゃんが少し鼻水を出しているだけでも、
大丈夫かな?!と、とても心配になると思います。


私も、一人目育児のとき、子どもがちょっとくしゃみして
鼻をズルっとしただけで、風邪をひかせてしまった~!と
慌てたものでした。


心配なときは一人で悩まず、病院に行ってみてください。
ひどくならないうちに適切な処置を受けさせてあげれば、
治りも早くなりますよ。


dora80より






Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP