赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの鼻水がヒドイ…アレルギー性鼻炎!?

Sponsored Link

赤ちゃんのアレルギー。
鼻水の症状でなくても心配ですよね。

google Sponsored Link1



今回は、赤ちゃんの鼻水がひどいとき、疑いたくなる、
アレルギー性鼻炎についてご紹介します。


【・アレルギー性鼻炎って、赤ちゃんがなるの?】



大人と同じアレルギー性鼻炎と同じ、
鼻炎です。


赤ちゃんが?と思う人も居るかもしれませんが、
今は赤ちゃんでもアレルギー性鼻炎を発症する子がいます。


アレルギー性鼻炎は、検査すればわかるので、
辛い鼻水が長期間続く場合は、
医師と相談して、
検査してみるのも1つの選択です。


風邪薬では、アレルギー性鼻炎の鼻水は止まりませんが、
抗ヒスタミン剤を飲むことによりとめること出来ます。


アレルギー検査が可哀想(血液検査です)や、
まだ、アレルギー検査は早いと言う医師も居ます。


なぜなら、花粉症などのアレルギーは、2歳以降でないと、
正しい検査結果が出ないからです。


きっと、長期間の鼻水が続けば、
アレルギーが原因の鼻水止めが処方されます。


それを試しに効くか飲んでみるのも1つの選択です。

google Sponsored Link2




【・鼻水を甘く見ないで】



だって鼻水でしょ?
そんな、アレルギーだって風邪だって一緒でしょ?と思うかも
しれません。


もし鼻水を止めたいからといって、
小児科を受診し、薬をもらうと最初は風邪薬が処方されます。
でも、アレルギー性鼻炎の鼻水は止まりません。


風邪薬を無駄に飲ませるのは可哀想ですよね。


ママが、どんな時に鼻水が出るのか、またどのくらいの辛さなのかを、
赤ちゃんの代わりに医師に伝えてくださいね。


不安な人は、小児科ではなく、耳鼻科へかかるのも1つの方法です。
小児科は、子供の病気を広く見てくれますが、
やはり、専門医に診てもらうと、より詳しく見てもらえます。


以前花粉症の我が家の長男が、1歳の時、風邪薬を飲んでも、
鼻水が止まらず、耳鼻科へ受診。


花粉症の検査はまだ、早いけど、アレルギーでは?と言われ、
アレルギー対策の薬を処方してもらった際に、
すぐに、鼻水が軽減され、とても助かりました。


もちろん、小児科でも、アレルギー検査やアレルギーに対しての
相談は出来ますので、小児科で相談してからでも十分だと思います。



【・さいごに】



アレルギー性の鼻炎などの、アレルギー対策に、
アレルギーを和らげる、治す為に、
数社から、乳酸菌成分のサプリメントが発売されています。


ミルクなどで有名なビーンスタークからも発売されており、
http://www.amazon.co.jp/dp/B00OOQ2EUK
ビーンスタークマム 3つの乳酸菌 M1 90粒


母乳を飲む赤ちゃんのママが母乳を通して、赤ちゃんへ、
効果があるサプリメントです。


もし、興味があれば、飲んでみてください。


アレルギー対策ではないですが、
同じビーンスタークから発売されているDHA。
現在授乳中の次男が生後からすぐ1年以上飲んでいます。


理解度・関心の高さなど、長男に比べ効果はあるかな?と
感じています。

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link