赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの虫歯菌の感染経路はどんなものがある?

Sponsored Link

赤ちゃんの頃は、虫歯知らずだったのに、1歳を過ぎたころから、虫歯が出来たり、
不安になったことありませんか?

google Sponsored Link1

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、
虫歯菌はいないそうです。



では何故、赤ちゃんの口に虫歯菌が入って
虫歯になってしまうのでしょう?



今回は、「赤ちゃんの虫歯菌の感染経路」について
話していこうと思います。


【虫歯菌はどこからくる?】



1番の原因は、親や身内からです。
スプーンなどを共有や、キスや食べかけをあげることで、
大人の虫歯菌が赤ちゃんに移動します。



お母さんの母乳も、実は虫歯になります。
正確には、母乳だけでは虫歯にはならないですが、
離乳食などで出来た、歯垢に乳糖が反応し、
虫歯になるといわれています。



あと、砂糖の入った食べ物や飲み物です。
アメやジュースなど、長時間口に砂糖が残るものは、要注意です。




砂糖の入ったものは避けれますが、
祖父母に「あれこれダメ!」なんて言いにくいですし、
子どもが欲しがれば、親の食べているものもあげたいですよね。



では、どうすればいいのでしょう?


google Sponsored Link2



【赤ちゃんの頃から歯磨きを】



私自体、「虫歯リスク検査」をしていませんが
虫歯菌が多いと思っています。




ですがこれは歯磨きではどうにもできないので、
出来るだけ、虫歯になりやすいかが決まる3歳まで
感染しないように避けて頑張ってきました。




が、旦那や両親は「考えすぎ」と
スプーン共有などをしていましたし、
後半からは、避けるのが面倒になり結局ダメでした。
お恥ずかしい話です…。



ですが、3歳後半の娘は、
お菓子も食べるし、好きなことし放題ですが
「歯がとても綺麗」と歯医者さんに褒められています。



多分なのですが、

歯が1本生えてきた頃からこまめに「歯磨きシート」で拭き、
歯が増えてきたら歯ブラシをしだしたこと。

役所などで集まって検診をする際、
フッ素希望を毎回していたこと。

のおかげかと思っています。





【まとめ】




・1番の理由は、身内から。
 出来る限り、子どもと共有しない

・母乳は虫歯にならない。
 ただし、歯垢が乳糖に反応し虫歯になる

・砂糖などが入ったお菓子はダメ。
 子どもの間は、野菜などをお菓子にすると
 野菜も好きになり一石二鳥

・フッ素を塗ってもらう。
 歯磨き粉にフッ素が入っているものもあるので
 それを使うものいいかもしれません。


あまり、考えすぎても良くないですし、
虫歯菌は目に見えないので感染経路より、
フッ素や歯磨きで、予防で頑張りましょう!



くまのおかんより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link