赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの虫歯菌の感染経路はどんなものがある?kouuの場合

Sponsored Link

赤ちゃんのうちから、気を付けて欲しい虫歯菌。
一度虫歯菌に感染してしまうと、
ずっと、虫歯菌が口の中に常駐するそうです…。

google Sponsored Link1

恐いですよね。

そんな、予防したい、赤ちゃんの虫歯菌の感染経路について、
今回はご紹介します。

【・感染経路はママだけじゃなかった!】


赤ちゃんの虫歯=ママの責任。
と思いがちですが、実は、感染経路はママだけではありません。


感染経路は、
・虫歯菌を持った人との、箸やスプーンの共用
・唾液などがつく、キス
・ペットボトルやコップのまわし飲み


などです。
(お鍋をつつくのは?虫歯菌は熱で除菌できるようですよ)

箸やスプーンの共用?
これって、ママだけじゃなさそうです。

パパやおじいちゃん・おばあちゃんは要注意です。



おじいちゃん、おばあちゃん世代は、
乳児に物をあげるのに、大人の口で食べ物をやわらかくかみ砕いたものを、
赤ちゃんにあげていたようです。



今考えると、とても不衛生ですが、当時は普通だったとか。
大人の唾液がついた、食べ物を食べた赤ちゃんは…?
そうです。虫歯菌に感染します。



近寄ってきた孫や子供に、ほしがるから、
自分のつかっている箸で、赤ちゃんのお口へ…も、
虫歯菌に感染する可能性が大です。



食べさしのお菓子やパンなども注意が必要ですね。


べろべろなめ回すような口へのキスもNGですよ。
キスがしたいならほっぺで我慢しましょう。



おじいちゃん、おばあちゃんへは、辞めて!といいずらいかもしれませんが、
カワイイ我が子のために、心を鬼にして、伝えましょう。
1度ではわかってくれません。


守れない人は、歯医者さんに連れてってください!などと、
強気でいいましょう。
虫歯菌に感染してからでは遅いのです。


google Sponsored Link2


【・虫歯菌はこわい】

虫歯菌が常駐すると、永久歯や、歯並びにも影響を与えます。

歯並びが悪くなる?イヤですよね。

そして、虫歯菌は一度感染すると、除去は難しいようです。



虫歯を治療することを考えて見て下さい。
泣き叫ぶ赤ちゃんを押さえつけながらの治療が目に浮かびます。
それだけでもぞっとします。



虫歯菌に感染すると、虫歯リスクがグッと上がります。
虫歯菌から赤ちゃんを守りましょう。



【・さいごに】

乳歯なら虫歯になっても平気~生え替わるし。と思っているママや、
周りの大人達も多くいます。

しかし、虫歯菌は、乳歯の下に眠る、永久歯(大人の歯)にも、
影響を与えるようです。



歯は一生モノです。
その場しのぎで、箸やフォークを分けるのが面倒だからや、
おじいちゃんおばあちゃんに言いにくいから(又は守ってくれないから)では、
赤ちゃん自身が将来困るのです。



赤ちゃんの歯は、赤ちゃんの事を大切に思うからこそ、
周りの大人みんなが注意して、キレイな虫歯0を目指していきましょう。

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link