赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの虫歯予防はいつからいつまで?kouuの場合

Sponsored Link

虫歯予防っていつからしたらいいの?
離乳食を食べるようになってから?

google Sponsored Link1

虫歯は誰だって、赤ちゃんになって欲しくないですよね。
今回は、赤ちゃんの虫歯予防について、ご紹介します。

【赤ちゃんの虫歯予防は歯が生える前から】


赤ちゃんの歯は、生後3ヶ月から生え始める子も居れば、
1歳6ヶ月頃生え始める赤ちゃんもいます。



前歯2本生えたら、歯医者にかかり、フッ素と歯科検診を、
推奨する歯医者さんもあります。



1歳から歯科検診という自治体もありますが、
歯の生え始めには、個人差がかなりありますので、
赤ちゃんの歯が生える早さに合わせて対応してくださいね。



もちろん、歯が生えるまでは、虫歯になることはないのですが、
離乳食が開始していれば、歯が生えていなくても、
ゴムなどで出来た柔らかい歯ブラシで、歯磨きのまねごとをしたり、
食後はお茶やお水を飲む、うがいをする習慣をつけましょう。


google Sponsored Link2


【いつまで虫歯予防したいいの?】

簡単に言えば、「ずっと」虫歯予防は必要です。


小学校低学年までは、大人の仕上げ磨きが必要と言われています。
段々と、自分で出来る事が増え、「自分で出来るよ!」と、
言われても、スキンシップの一環と思い、仕上げ磨きをしてあげましょう。



修学前でも、年長になれば、自分で磨けるようになるかもしれませんが、
虫歯予防と、虫歯の早期発見を目指し、「仕上げ磨き」をしてあげてください。


磨いた後は、フッ素ジェル・フッ素タブレットなどを使用し、
フッ素での、虫歯予防も有効ですよ。
(フッ素ケア後は、30分は飲食をしない方がより有効ですよ)


【・さいごに】

虫歯予防は、するに越したことはありません。
中には、ずっと、子供自身で、磨いて仕上げ磨きをしなくても、
虫歯は0!という子も居ますが、本当に稀で、虫歯になりにくい歯を、
しているのでしょう。



そんな子ばかりではありませんし、
中には、虫歯ケアをしっかりしていても、
甘い、あめ玉やチョコレートを食べていなくても、
虫歯になる子だっています。(歯が虫歯になりやすく弱い子)



どんな体質かは、わかりません。
しかし、虫歯予防はどんなお子さんにも必要!と考え、
カワイイ我が子の虫歯予防に励んでくださいね。



小さい頃に、虫歯菌を常駐させず、虫歯を作らなかった場合、
大人になっても虫歯になりにくいそうです。


歯は一生ものです。
今日は歯ブラシいいか~などとその場しのぎで安易に考えず、
虫歯になった時のこと(治療する時のこと)などを、頭に描き、
予防に励んでくださいね。



仕上げ磨きは、真剣になるあまりに恐い顔になるママやパパが多いです。
ニコニコと笑顔で、仕上げ磨きをお願いします。

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link