赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの耳掃除の頻度はどのくらい?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

「赤ちゃんのお世話」と聞くと、ミルクをあげることや
オムツ替えなどが思い浮かぶと思います。




言葉にすると簡単なように思われますが、実際、
赤ちゃんのお世話はすることがたくさんありますよね。


私が、初めての育児に奮闘していたある日のこと。


赤ちゃんが寝ている横顔を見ながら、
ふと耳を覗いてみると、大きな耳垢が・・・!


よくよく振り返ってみると、
肌のケアや爪が伸びていないかはマメに確認していましたが、
耳掃除のことをすっかり忘れていたのです!


新生児のうちは、沐浴の後に綿棒で掃除していました。


ですが、していないことに気づいたときは、もう5ヶ月。
実に、4ヶ月ぐらい耳掃除をしていなかったのです!


しかし、そもそも、赤ちゃんの耳掃除はどのくらいの頻度で
すれば良いのでしょうか?



Sponsored Link1

[赤ちゃんに耳掃除は必要?]



赤ちゃんでも、耳の中に
小さな耳垢が付いている場合があります。


ママが見て、耳垢が気になるようなときには
耳掃除をしてあげても良いようです。


また、耳垢のたまりやすさにも、
個人差があるようです。


放っておいてもほとんどたまらない子もいて、
そのような場合は、
あまり必要性はないそうです。



[耳掃除はどのくらいの頻度でする?]



息子のかかりつけの先生に伺ったところ、
「赤ちゃんの耳掃除は、大人のように
頻繁にする必要はありません!」
ということでした。


一般的には、週に一度くらいで十分なのだそうです。


と、言うのも、毎日のように赤ちゃんの耳掃除をしていると、
耳が臭くなることがあるようです。


また、耳掃除をすることで、耳垢が奥に押し込まれて
詰まってしまうという例も多いみたいです。





[耳掃除の方法は?]



まず、赤ちゃんが
動かないように、
頭と手を優しく持ってあげます。


そして、ガーゼやタオルで
耳の周囲の汚れを
撫でるように拭き取ります。


耳垢は、赤ちゃん用の
細い綿棒を使って取ってください。


そして、耳の入り口付近にある
耳垢のみを取り除きます。


綿棒を奥まで入れてしまうと、
鼓膜を傷つけてしまいます。


大人の耳掃除で慣れていると、
こんな少しで大丈夫かなと
思ってしまいます。


しかし、赤ちゃんの耳は、
これだけでも
綺麗になるのです!



Sponsored Link2

[まとめ]



赤ちゃんの耳掃除は、
1週間に一回程度を
目安にすると良いようです。


怖くてしてあげられない!というママは、
かかりつけの耳鼻科を持って、
そちらで定期的に
耳掃除をしてもらうことをオススメします。


外から見ても、耳の中の様子が
よく分からないので、
専門の先生にお願いする方が安心ですね。






dora80より




Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP