赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのための簡単編み物!おすすめはコレ!

Sponsored Link

赤ちゃんの笑顔を思い浮かべながら編み針を動かす、幸せなひととき。
編み物初心者さんでも簡単にできる、赤ちゃんグッズを作ってみませんか?

google Sponsored Link1


優しい肌触りの糸を使うと、編んでいるだけでも癒されてきますよ。
帽子よりも実用的で、おくるみよりも早く完成する、
おもちゃを作るのがおすすめです。


ここでは、私が実際に編み物教室で好評だった「にぎにぎ」をご紹介しますね。




「くまさんのにぎにぎ」

1png




【材料】

コットン糸
わた
残り糸(目、鼻用)
鳴き笛


・ 赤ちゃんが口に入れても大丈夫なように、素材は安心できるもの
  (オーガニックコットンなど)を選びましょう。
  ベビー用の糸として販売されているものが良いと思います。
・ ビーズなど誤飲の危険性のあるものは避けた方が無難です。
・ 残り糸は、普通の毛糸でもOKです。


【道具】

かぎ針(糸の太さに合う号数か、細めの針で)
とじ針
はさみ


【作り方】

①本体、耳(ふたつ)、口を編みます。
②とじ針で本体に耳と口を縫い付け(口にはわたを入れます)、
残り糸で目、鼻、ほっぺを刺繍します。


本体の編み方

2



輪にして編み始めます。
1段目は、細編み8目。
2段目は、全部の目で増し目をして16目。
3段目は、ひと目置きに増し目をして24目。
4段目から19段目までは、増減なしで編んでいきます。


ここでわたと鳴き笛を入れます。


20段目は、ひと目置きに減目をして16目。
21段目は、全部の目で減目をして8目。


糸を絞って始末します。


google Sponsored Link2


耳・口の編み方

3



輪にして編み始めます。
1段目は、細編み6目。
2段目は、ひと目置きに増し目をして9目。
3段目は、増減なしで編みます。



・鳴き笛は、わたの中にくるんでしまうよりも、
 おなかに近い側に置いた方が、押したときに音が聞こえやすくなります。
・ゆるく編むよりも、きつめに編んだ方が、
 中のわたが見えずにきれいに仕上がります。


・耳を長くすればうさぎさん、
 耳を作らずに、くちばしを作ればひよこさんになります。
 いろいろアレンジしてみてくださいね。


また、本体の「増減なしで編む」部分を長く編んで、
「がらがら」を作ることもできますよ。
4





・にぎにぎは、わたを詰め過ぎないように柔らかめにするとにぎりやすく、
がらがらは、固く詰めるほうがしっかり握ることができます。




さいごに



かぎ針を持ったこともなく、
ここに書いてあることもさっぱりわからない…
という方は、まず手芸屋さんをのぞいてみてください。


かわいくて簡単なキットが販売されています。
購入者には無料で教えてくれるところもありますよ。


少しわかるようになったら、
ぜひここで紹介した、にぎにぎにも挑戦してくださいね♪




編地ゆうこより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link