赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの目やには風邪が原因なの!?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

赤ちゃんの目やにの原因、風邪の場合と
それ以外の場合があります。



たかが目やにと思って、対処せずいると
視力低下に繋がってしまう事も
あるので、ちゃんと見極めたいですね。


今回は、赤ちゃんの目やにの原因を
お話したいと思います。


Sponsored Link1

【眼やにの原因】

風邪の場合で考えると、微生物や細菌が原因の
細菌性結膜炎とウィルスが原因のウィルス性
結膜炎があります。


どちらも、目やにや充血と一緒に、発熱や
のどの痛みなどの風邪の症状があるので
判断できると思います。

赤ちゃん自身の身体の構造上、出てくる目やには、
鼻涙管狭窄・睫毛内反症があります。


鼻涙管狭窄は、目と鼻を繋ぐ鼻涙管が詰まってしまい
目やにや涙目になる病気。


睫毛内反症は、睫毛が目の中に入って、眼球を
傷つけてしまうことで目やにが出る病気です。


どちらも成長と共に、改善される病気のようです。



【我が家も黄色の目やにが出ましたよ】

風邪をひいた娘の、鼻水と目やにに
右往左往した事を思い出します。


初めての育児、初めての病気と初めて
だらけの中で、聞く人もおらず、何処の病院が
良いのか迷いました。


目に付いている目やにを取る度に、娘に
大泣きをされ、私まで泣きたくなったものです。


お湯で濡らしたガーゼで、優しく丁寧に拭いてやると
なんとか取れました。


小児科で、目やにの事を話し点眼薬を処方してもらい、
泣き叫ぶ娘に点しました。


点眼をすると、翌日から目やにが減って、
ホッとしたものです。





【優しく拭いてから、病院へ】

赤ちゃんの目やには、風邪からと、まだ未発達の
体の構造のせいからとが考えられます。


どちらの原因でも、目やにがたくさん出るのは
赤ちゃんにとっても不快な事ですから、取り除いて
あげるようにしてあげて下さいね。


小児科に行き、点眼薬を点せば、すぐ良くなるの
ですから、心配せず、病院に行き、
お薬を処方して貰いましょう。


赤ちゃんに、点眼を点すのは難しいですが、
焦らず点せば、出来ます。


少し泣いても良いんです。
お薬は、大人も嬉しくはないですよね。
そう考えたら、赤ちゃんが嫌がるのも当たり前
だとおもいませんか?


目やに以外の症状が無くても、病院に行きましょうね。
感染症の結膜炎だったら、家族にも
感染してしまいますから。


分からない事は、小児科の先生に聞きましょう。
決して恥ずかしくないし、迷惑ではありません。
あなただけではなく、たくさんのお母さんが
辿っていく道ですから。

Sponsored Link2

【さいごに】

1人での育児ではなく、たくさんの人に
助けてもらってお母さん業のベテランを
目指しましょう。


あなたの経験が、
次の新しいお母さんのお手本になりますから。


『ちょろたんより』

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP