赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの爪切り!おすすめ方法はコレ!

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

小さな可愛らしい赤ちゃんのお手て。
生まれてすぐは気にならなかった指の爪。


知らないうちに顔に引っかき傷が出来たりして、
気が付くと爪が・・・
なんて事ありますよね。


赤ちゃんの指は、とても小さいのに、
普通の爪切りでは無理です。
じゃあ、何を使って爪を切るの?


いつも動かしている小さな指、
じっとしてくれないと危なくて・・・
どうやったら上手に切れるの?


今回は赤ちゃんの爪の切り方、
おすすめの方法をご紹介したいと思います。



Sponsored Link1

【赤ちゃんの爪切りのコツは?!】


赤ちゃんの爪は小さくて
とても柔らかいんです。


指の先もぷっくりとしていて、
指先まで切ってしまいそうになります。


大人と同じ爪切りでは、
少し婉曲しており、
赤ちゃんの指の形には合いません。


そして深く切ってしまったり、
指先まで切ってしまいかねません。


そこで、赤ちゃん爪切り専用ハサミを使います。


切る部分がとても小さく、
赤ちゃんの爪のサイズに合わせて
丸みを帯びています。


ハサミの先も怪我をしないように
丸くなっているので安心して使えますよね。


そしていざ・・・


このハサミを使って切ろうとしても、
赤ちゃんは常に動いていて、
じっとはしてくれません。


となると、おすすめは、
やはり熟睡している間が一番です!


寝ている時に、
そっと爪を切ってあげれば、
安心して安全に切る事が出来ます。


そしてここで注意!


爪の白い部分、1mmは残してくださいね。
すぐに伸びるとはいっても、
やはり深爪をしてしまうと黴菌も入りやすくなり、
巻き爪や陥入爪の原因にもなりかねません。


お顔やお口周りをよく触る赤ちゃん。


爪を切った後は、赤ちゃん用ヤスリで
軽くこすってあげると
皮膚を傷つけないですよ。





【娘の場合・・・】


私も母親1年生で、右も左も分からず、
ふと気がついた時には、
すでに爪が伸びていました。


当然、使った事がないので、
ドキドキしながら、
寝ている間にそっと切りました。


思っていた以上に柔らかい爪で、
最初は、慎重になりすぎて、
とても時間がかかりました。


切っている途中で目を覚まさないかと、
ドキドキしたものです。


でもこれも、慣れてきます。


何回も繰り返しているうちに、
だんだん上手になってきて、
あっという間に、切る事が出来るようになりました。


そして成長と共に、
指もだんだん大きくなるので、
慣れもあり、切りやすくなっていきました。



Sponsored Link2

【最後に・・・】

赤ちゃんの爪切りは、
慣れないうちは、慎重になりますが、
徐々に慣れてきます。


おすすめの方法は、寝ている間に、
赤ちゃん爪切り専用ハサミで
そっと切ってあげましょう。


そして、忘れがちな
足の指の爪も、お忘れなく!!





「etos」より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP