赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの沐浴!一人でする場合は?

Sponsored Link

赤ちゃんも、毎日汗をかき、おむつでお尻も蒸れるため、
清潔に保つために、沐浴が必要です。

google Sponsored Link1




パパや両親がいれば、お願いしたり、
お手伝いしてもらえますが、
一人で入れる日も出てきてしまいますよね。



一人で入れるときはどうすればよいのでしょうか?



この記事では、赤ちゃんの沐浴、
一人で沐浴するときのポイントなど、
書いてみたいと思います。




【まずは準備を!】




赤ちゃんが沐浴を終えたあと、
すぐに着替えられるように、準備が必要です。


実はこれが一番大事だったりします。



座布団の上などに、赤ちゃんの着替えと下着とおむつ、
その上にバスタオルをセットしておきます。



お洋服は、まとめて袖を通しておけば、楽に着替えられますよ。



室内の温度も、夏であれば問題ありませんが、
冬など寒いときは、24度~25度くらいに設定。
暖かくしてあげましょう。



そしてベビーバスの周りを準備しましょう。
石鹸、ガーゼなど、使うものを揃えておきましょう。



石鹸は、固形のものより泡で出てくるものがオススメ!
固形だと泡立てるのが大変です。
赤ちゃんの沐浴は素早く!が基本なので、泡の方が楽ですよ!



また、上がり湯も準備!
小さい桶に1杯程度の新しいお湯を準備しましょう!






【いよいよ入れましょう!】




準備万端になったら、いよいよ赤ちゃんを入れます。



首を支えるように持ち、
親指と人差し指で、赤ちゃんの耳を軽く押さえ、
耳に水が入らないようにしましょう。



まずは足から入れてあげます。
水を怖がる赤ちゃんでしたら、
お腹にガーゼを敷いてあげると安心します。



まずはお顔。
ガーゼで優しく目やになどを拭き取ります。



そして頭。
優しく洗って、お湯をかけたりガーゼで拭いたりします。



次に体。
初めは仰向けのまま洗います。
首や手首など、シワシワしている部分には汚れがたまっているので、
その辺は丁寧に洗います。



次に背中。
赤ちゃんの両腕に、ママの腕を通す感じでうつ伏せにして洗います。



最後に、足を洗い、お尻やお股を洗って終了!
お尻も、オムツで蒸れているので丁寧に洗いましょう!



google Sponsored Link2




【仕上げ】




全部洗い終わったらかけ湯をします。



背中を洗う時にうつ伏せにするので、
その状態だとかけやすいですよ。
頭はかけなくても大丈夫です!



バスタオルで水分を拭き取り、さっとおきがえ。



おへその消毒や耳掃除など、
必要ならばやってあげて完了です。



ちなみに・・・お風呂上がりすぐに保湿材を塗ると、
体がすべすべになりますよ^^




【最後に】




一人で入れるのは大変な沐浴ですが、
コツを掴んでしまえば、一人でも楽々できてしまいます。
自分の楽な方法を探して、楽しい沐浴タイムにしましょうね!



赤ちゃんは、ゴシゴシ洗わなくても、
汚れ(特に首のシワ部分、お尻など)が落とせれば十分!



一ヶ月検診が終われば、
大きなお風呂に入れ、幾分楽になるので、
ちょっとの間頑張りましょうね!




inekoより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link