赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの母乳とアレルギー!関連性はあるの?

Sponsored Link

新生児期から1~2か月後の乳児湿疹を経て、
ようやくもちもち赤ちゃん肌を楽しみにしていたのに、
湿疹を繰り返し、いつもお肌がかさついている。

google Sponsored Link1


部屋もきれいに掃除して、
入浴や洗濯洗剤も赤ちゃん専用を使っている。


顔や身体を手で掻き、ますます悪化していく様子。
気のせいか鼻水も多く、夜泣きも多い今日この頃。


痒くて辛いのかな?アトピーなのかな?


もちもち赤ちゃん肌復活の為、
乳児健診や民間の乳児の相談を利用したり、
そして病院に行ってみます。



【赤ちゃんに多い食物アレルギー】



環境因子や親がアレルギー体質等
いくつか要因はあります。


赤ちゃんの多くは
食物アレルギーを持っていると考えられています。


食物アレルギーがあると、
高い確率で合併する症状として、
アトピー性皮膚炎があります。


気管支系、咳や鼻水等の症状もあり、
重度な場合は呼吸困難になる場合もあります。


食物アレルギーがある場合、
ママがその食物を食べると母乳に分泌され、
それを飲んだ赤ちゃんがアレルギー反応を起こす場合があります。


症状が悪化する前に、
赤ちゃんのアレルギーの原因を病院で調べてもらい、
適切な対応をするのが賢明です。


google Sponsored Link2



【キムチで実感】



私の息子も赤ちゃんの時は、肌のトラブル続き、
病院で調べて卵・牛乳にアレルギーがあることが判りました。


そんな時、いつもより辛いキムチを食べた後母乳を与えたら、
数分後息子は顔が真っ赤になって、
その直後はおっぱいを飲んでくれませんでした。


カプサイシンの成分入りだったのでしょうか?


自分の食べたものが、
母乳を介し赤ちゃんに伝わるのを実感した瞬間でした。


完全母乳のため離乳食が進むまでは、
卵・牛乳の除去食生活をしていました。


最近は成分表記が明確で、
除去食用のお菓子等もあり、
ストレスはさほど感じませんでした。


その後息子の肌はよくなっていきました。



【食生活を見直せるチャンス】



キムチの時は驚きました。
授乳中はNGな薬剤もありますしね。


私は食べても太らない授乳期を満喫し、
卵や牛乳成分のあるお菓子を
たくさん食べる食事をしていました。


考えると食べれない赤ちゃんの替わり、
ママが食事してお乳を作っているんですよね。


生まれたばかりの赤ちゃんが食べられるような、
消化の良いものや体に優しいものを選びたいですね。


食生活を改善すると、
私の肌や便通もよくなりました。


赤ちゃんと自分の健康に良い事もありますよ。





「mamaDUCKより」

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link