赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの歯並びに遺伝はある?

Sponsored Link

背の高さや、爪のかたちなど、身体的な特徴って
親子でよく似ている場合がありますね。

google Sponsored Link1



では、歯についてはどうなのでしょうか?
歯の形や歯並びは、どちらかの親の遺伝を
受け継ぐものなのでしょうか?


そこで今日は、歯並びの遺伝について
お話したいと思います。



[先天的要素も大きい噛み合わせの遺伝]



歯並びは、生後の環境的要因も、
大きく関係してきますが、
持って生まれた遺伝的要因もあります。


例えば、顔の形は、親に似ますね。
顎の骨格や歯の大きさも、両親から受け継ぎます。


親は、すでに矯正治療をして、
現在は綺麗な歯並びだとしても、
子供には、それは反映されません。


親の生まれ持った歯並びが遺伝しますので、
子供にも同じように治療が必要な場合もありますね。


特に、遺伝が気になるものとして、
「骨格性不正咬合(こっかくせいふせいこうごう)」という、
いわゆる「受け口」や「出っ歯」と言ったものがあります。


これらは、顎の形によって、起こりうる症状です。
どちらかの親が骨格性不正咬合だった場合は、
同じ顔かたちの子供ですので、
小さい頃から注意しておく必要があります。


特に、受け口(下の歯が外側で、
上の歯が内側にくる噛み合わせ)の場合は、
早めの治療が大切となりますので、赤ちゃんのうちから
歯医者さんに相談して、治療開始時期を決めておきたいものです。



歯医者さんによっても受け口の治療時期に対する考え方は、
いろいろです。お子さんの症状の度合いによっても
見解は変わってくるでしょう。


「様子を見ながら決める」
「受け口が判明したら、すぐに治療を開始する」
「今は治療して治っても、成長期にまた、
受け口に戻ってしまうかもしれない」


など、様々な意見があるのも事実です。

google Sponsored Link2




[しゃくれ顎ではないのに受け口?]



我が子は、乳歯が生え揃う頃、
噛み合わせが上下逆でした。
下の歯が外側に出ている状態です。


でも、見た目は特に、顎がしゃくれている訳でもなく、
受け口には見えません。


私も夫も、受け口ではありませんでしたし、
祖父母も同様ですので、
何故この子が受け口なのかな?と不思議でした。


歯医者さんに相談したところ、
「顎の形を見ても、それほど重症ではないので、
自然に治るかもしれません。少し様子をみましょう。」
と言われたので、放置しておいたところ、
小学校入学あたりには、自然に治っていました。



[最後に・・]



いかがでしたか?今日は、
赤ちゃんの噛み合わせの遺伝的要素についてご紹介しました。


後天的要因でおこる歯並びの悪さと違い、
遺伝的なものは、早めの矯正を要する場合も多いです。


どちらかの親が、歯列矯正を経験している場合は、
子供が赤ちゃんのうちから、かかりつけの歯医者さんに
相談してみる事をおススメします。



頑張る三人娘のママより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link