赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの抱っこの寝かしつけはいつまで??

Sponsored Link

生まれたばかりの赤ちゃんは、
特に寝かしつけなくても
スヤスヤと寝てしまいます。


それがいつからか、
寝かしつけをしないと
眠らなくなります。


しかも添い寝ではなく、
抱っこでゆらゆらしながらの
寝かしつけ…。


どんどん成長して
体重も重くなっていくのに、
いつまで続くの~?!
と疲れきったママの声。


今回は赤ちゃんの抱っこの寝かしつけが
いつまで続くのか、
お話ししたいと思います。



Sponsored Link1

【年齢や体重は関係あるの?!】


抱っこの寝かしつけに、
年齢も体重も関係ありません。


ただ、子供は日々成長します。
そして体重もどんどん増えていきます。


最初は抱っこしていても
ほとんど苦になりませんが、
だんだん重くなってくると、
辛いですよね。


ママが、「早く寝て~」
と思えば思うほど、
なかなか寝てくれないものです。


ママが心に余裕を持って、
ゆったりした気持ちで寝かせてあげるのが、
何より大切な事です。


そして、抱っこしての寝かしつけに、
ほとほと疲れてしまい、
もう抱っこは無理!!と思った時こそが
実は、「その時」なんです!


無理して抱っこを続けても
赤ちゃんにママの気持ちが伝わり
なかなか寝付いてはくれません。


もう、抱っこは無理!!と思ったら、
一緒に添い寝したり、ソファーに座って寝て見たり、
お腹の上に乗せて寝かせたり、
ママが楽な方法を試してみて下さい。


その中で、きっとママも楽で、
赤ちゃんも心地良い寝方が
きっと見つかるはずです。


ママが楽な姿勢で、
気持ちに少しでも余裕が出来れば、
赤ちゃんも、気持ち良く眠る事が出来ます。





【娘の場合】


寝つきが悪い娘・・・


最初は抱っこして寝かしつけていましたが、
体重がどんどん増えて、腕が痛くて限界!


となった時に、私が楽な方法として
お腹の上に乗せてトントンしながら、
寝かしつけてみました。


少しお腹も苦しいですが・・・
抱っこ時の腕や腰の痛みに比べれば、
断然、楽でした。


私も楽で、いつ寝てもいいよ、
くらいの気持ちでトントンしていると、
意外と早く眠りについてくれました。


が・・・娘は、毎日のように、
夜中でも2、3時間置きに起きてしまい、
お腹の上では、なかなかすぐに
寝付いてはくれませんでした。


その時には、やはり
抱っこしてゆらゆらしながら、
寝付くまで・・・


だから、何歳までとも、
体重がどれくらいまで、という事は
ありませんでした。


夜中、娘が起きなくなるまで、
抱っこの寝かしつけは続いていました。

夜中に起きる事もなく、
完全に抱っこの寝かしつけを卒業したのは、
2歳くらいでした。



Sponsored Link2

【最後に・・・】

抱っこでの寝かしつけをしている時は、
辛くて、いつまで続くの~?!
と、思う気持ちは、よ~く分かります。


辛くなったら、無理をせず、
気持ちに余裕が出来るように、
赤ちゃんと一緒に、いろいろと試してみて下さいね。


きっとママと赤ちゃんだけの
心地良い寝方が見つかります。


だから、今のうちだけ・・・
抱っこしてあげられるうちは、
愛情いっぱい、抱っこしてあげて下さい。


きっとママのたっぷりの愛情は、
赤ちゃんには、
しっかり伝わっていますからね!





「etos」より

Sponsored Link3

あなたにおすすめ


Sponsored Link