赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの寝返り!練習は必要?その方法は?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

うちの赤ちゃん6ヶ月なのにまだ寝返りしないの…。
とお悩みのママもいるでしょう。

逆に、生後2ヶ月でうちはコロコロと寝返りでどこにでも
行ってしまって目が離せないの…。
と悩んでいるママもいると思います。



どんな赤ちゃんでも、
可愛さゆえに、心配は尽きないものです。



今回は、赤ちゃんの寝返りとその練習は必要か?
についてご紹介します。


Sponsored Link1

・うちの赤ちゃんは寝返りまだしないのだけれど…。


赤ちゃんの発育は赤ちゃんの個々でまったく違います。
生後1ヶ月前に寝返りをする赤ちゃんも居れば、
生後10ヶ月で寝返りをする赤ちゃんも居ます。



寝返りは、発育と関係があるのか?と言われると、
発育には関係はないという専門家もいます。



寝返りの練習をさせているママもいると思いますが、
必要はないと私は思います。



腰も首も座らない、赤ちゃんに無理に練習させる必要はないと思います。
腰は首に負担がかかってしまっては大変です。





・うちのあかちゃん達は、こうでした。


我が家には、4歳と0歳の男の子がいます。
長男は生後100日の日に。
次男はなんと生後20日目に寝返りをするようになったのです。



しかし、その後発育がどちらが早かったかというと、
長男の方が早めでした。(長男は11ヶ月で歩きましたが)
次男は11ヶ月ですが、まだ歩く気配がありません。



寝返りが発育を決めるか、といわれれば、違うと思います。

お友達で、10ヶ月まで寝返りもうたず、はいはいもしない子がいました。
しかし、その子は11ヶ月~12ヶ月の間に、全てをマスターし、
1歳3ヶ月には、誰にも負けないスピードで走り回っていました。



Sponsored Link2

・さいごに

あなたはどんな赤ちゃんに我が子がなってほしいですか?
マイペースな赤ちゃん。
誰よりも発育が早い赤ちゃん。


私は長男の時は今か今かとカメラを構え、
誰よりも早いスピードの発育を望みました。
しかし、次男はマイペースにのびのびと育ってほしいと思っています。



赤ちゃんのペースは赤ちゃんによって違います。
無理は禁物です。


うちの子はまだ寝返りが出来ない。
お友達はできると、他の子と比べたり、
成長曲線どおり、育児書どおりに育っていないなどと、
比べる方が、赤ちゃんにも、ママにも負担になります。


大丈夫、いずれ出来るようになります。
温かい気持ちで、見守ってあげてくださいね。


kouより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP