赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃん、子育ての息抜き方法!私はこうやる!

Sponsored Link

赤ちゃん、やっと寝てくれたようですね。
ふと鏡をみると、

google Sponsored Link1


そこには化粧気もなく髪も乱れ、
睡眠不足で疲れ切った自分の顔が。

毎日赤ちゃんとうちのなかで二人きり。
たしかにわが子は可愛く、日々の成長は楽しみですが、
これがいつまで続くのかと考えると気が遠くなりそう。

どうすればうまく息抜きができて、
赤ちゃんにゆとりをもって接することができるのでしょうか?


赤ちゃんが眠っているあいだに読める短いブログですから、
ぜひ目を通してみてください!

自分だけの時間を確保するためには

赤ちゃんを抱えたお母さんの「したいこと」。
№1は「自分だけの時間を過ごしたい」ではないでしょうか?


いつ何が起こるかわからない子育て、
常に大人の助けがないと生きていけない赤ちゃん。
自分がしっかりしなきゃと
心を奮い立たせてがんばっているあなたですが、
ずっと続くと息切れがしますよね。


プチ家出も方法のひとつではありますが、
できればしないほうがいいですし、
衝動買いや暴飲暴食に走る前に、
あなたが自由に使える時間をゲットする方法を考えましょう。


google Sponsored Link2


お母さんの休業日を設ける

今日の何時から何時までは「お母さんをおやすみします」と、
宣言して外出できたら、嬉しいですよね。


だんなさまも仕事でくたくた、お互いの実家も遠いとなったら、
ご近所のママ友とのつながりが強い味方になります。


お互いに子どもを預けっこすれば、
相手に対して一方的に負担をかけることになりませんし、
よそのお宅のお子さんと触れ合うことで、
あなたもあなたのお子さんも刺激をもらって、
勉強になりますよ。


ひとり時間の目的をもつ

ただ自由に過ごすのがむずかしいというまじめなあなた。


「美容院で髪をきれいにしてもらう」、
「図書館で好きなだけ本を読む」、
「バーゲンでこれだけはゲットしたい」など、
目的をはっきりさせてみては?


ひとりの時間を充実させられた達成感で、
より気分転換ができるはずです。

ただぼんやりしているだけでもいい


けれど「充実させなきゃ」とプレッシャーになっては逆効果。
半日、あるいは数時間をぼんやりと無為に過ごす。
これも悪くありませんよ。

どちらでもあなたの「したいこと」をしてみてください。

さいごに

いかがでしたか?


あなたの幸せが赤ちゃんの幸せ、そして家族の幸せです。


子育てのある時期はどうしても赤ちゃんにかかりっきりで、
お母さんは自分のすべてを投げうってひたすら尽くす・・・
といったイメージがありますが、
子育ては単なる我慢、無償労働の連続ではありません。


子どもを育てながら、自分もまた育てられている。
その実感が子育ての喜びであり、
親御さんだけに与えられる贈り物です。


疲れたら鏡をみて、
ありあわせの化粧品でいいから、
きれいにメイクアップしてみて。


ある小説家が数十年前に書いたエッセイの一節です。
自分の顔をみつめる、心をみつめる。
息抜きはこのあたりから始められますよ。   



きよこより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link