赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの夜泣きとは?どうして泣くの?

Sponsored Link

一日のお世話を終えて、ようやく寝付いてくれた・・・
と思いきや、突然始まる夜泣き。

google Sponsored Link1


ちゃんとお世話しているはずなのに、どうして泣くの?
毎晩続く涙に、心が折れそうになってしまいますよね。


この記事では、夜泣きの理由や対処法など、
経験談をもとにお話したいと思います。



【夜泣きとは?】



夜泣きとは、生後半年ぐらいから見られる、
夜中の理由のない泣き方のことを指すそうです。


暴れるように泣いたり、しくしく泣いたり、
泣く時間や感覚など、泣き方は様々です。


昼間はとても元気だったし、
熱があるなど体調が悪いわけでもなく、


おむつをかえて、授乳をして、
赤ちゃんにとっては快適なはずなのに、
泣きっぱなしな状態です。


突発的なことでなく、何日も続きます。



【どうして泣くの?】



夜泣きにははっきりとした理由がないため、
○○だから泣くんだよ!と断定はできず、
未だにメカニズムがわからないと言われています。


我が子は、


・日中来客があり、とても興奮した
・昼寝の時間がずれ、上手く睡眠時間が取れなかった


などの時に、夜泣きがひどかった気がします。


他にも、


・お出かけで興奮して思い出してしまった
・急に目を覚まして、不安を感じてしまった
・起きてもみんな眠っているから遊んで欲しい!
・怖い夢を見ちゃった!


など、赤ちゃんにしか分からない理由で泣いています。


ぼんやり目を覚ました赤ちゃん。
眠いけれど、いろいろなことを思い出して、
パニックになって泣いてしまうのかもしれませんね。


google Sponsored Link2



【夜泣きをへらしたい】



さて。そういった理由があるにしても、
夜中にずっと泣かれるのは体力的にも辛いですよね。


赤ちゃんの夜泣きを少しでも抑えるためには、
生活リズムを整えるのが一番です。


朝決まった時間に起こし、決まった時間にご飯を食べ、
決まった時間に寝るようにしましょう。


赤ちゃんなのでわからないよね?ではなく、
赤ちゃんの時から習慣付けることで、
体内のリズムが一定になってきますよ。


それを続けることで、赤ちゃんも
「夜は眠るものなんだな!」と気づき、
夜は眠るようになってきます。


また、日中はうんと遊ばせるのも大事です。


夜泣きしないため、刺激を与えないのも無理なので、
適度な刺激を与え、疲れさせて、
ぐっすり寝かせましょう!



【最後に】



赤ちゃんが成長するための通り道の夜泣き。
お母さんのほとんどが通る道です。


眠くてついイライラしてしまうのですが、
「早く寝ろ~」と思うのは逆効果。


イライラはびっくりするほど
赤ちゃんに伝わります。


「付き合うから好きなだけ泣きなさーい!」
とリラックスすると、
赤ちゃんも安心して眠れますよ!


我が家も夜泣きに泣かされましたが、
ある時期が来れば、ピタっとおさまりました。


たまにはお父さんに相手をしてもらったり、
昼間、赤ちゃんと一緒に昼寝をして、
お母さん自身の体力を温存させて
乗り切りましょうね!




inekoより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link