赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの咳と鼻水が長引く…どうする?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

赤ちゃんの鼻水や咳が長引くと心配ですよね。
風邪かな?アレルギーかな?寒いのかな?



そして、鼻水や咳が続くと、赤ちゃんも
体力を使うのか、グズグズ。


ママも困ってしまいますよね。


今回は、赤ちゃんの咳と鼻水が長引くときはどうする?
を紹介します。



Sponsored Link1

【・赤ちゃんは敏感!】



赤ちゃんが、鼻水や咳が出る時間帯はいつですか?
1日中?
朝だけ?
夜だけ?


又は場所は?
リビングだけ。
外出先のみ。
寝室だけ。


など、長引くと、ママもわかってくると思います。


1日中なら、アレルギー性鼻炎や、風邪を疑ってみましょう。
耳鼻科に受診するとわかるようです。


朝だけや夜だけという赤ちゃんは、
寒暖の差などによるものかもしれません。


場所は、外出先だけという人は、
時期にもよりますが、花粉症や、
寒さのアレルギー(昔のハナタレ小僧)を疑ってみましょう。


これも耳鼻科や小児科にかかると良いかもしれません。


寝室だけ、リビングだけという人は、
ハウスダストやネコや犬を飼っていればそのアレルギーかもしれません。


あまりに、ひどく、そして辛そうなら、
期間に関係なく、小児科や耳鼻科への受診をしてみましょう。


鼻水がすごい!という人は、耳鼻科での吸引なので楽になる場合も。




【・原因がはっきりしない】



我が家には、4歳の息子がいます。
1歳の時に、稲科のアレルギーと耳鼻科で言われ、
稲の時期5月・9月末などは、毎年、咳と鼻水です。


これは原因がわかっているのですが、


11月になると、また咳と鼻水。
でも、喉は腫れていないし、感染症による菌もなし。


これって寒さのアレルギー?


昔のハナタレ坊主のようです。
気温の寒暖差に、敏感なのですね。


我が家は、雪国に住んでいるので、11月中頃には、
朝方は氷点下になります。


布団からはみ出してみたり、布団を蹴飛ばしたりと、
スリーパーを着ているものの、
暖かいとはいえぬ状態で寝ている息子。


寒暖の差が激しいほど、鼻水と咳が出ます。


この鼻水と咳は風邪薬ではとまらないようで。
不思議ですよね。



Sponsored Link2

【・さいごに】



赤ちゃんの鼻水と咳は心配です。
鼻水が原因で、中耳炎を起こすこともあります。


一番身近にいる、ママは、赤ちゃんのことが一番わかるのですから、
咳と鼻水の他に、いつも違うところはないかな?と見てあげましょう。


頻繁に耳をさわりながら泣くなら、中耳炎を疑ってみましょう。
顔が真っ赤でぐったりなら、熱があるのかも。
など、普段と違うがわかるのはママだけです。


赤ちゃんは、お話できませんから、
ママが察してあげてくださいね。


機嫌良くいつもと、同じにこにこと遊んでいるなら、
少々の、咳や鼻水が出ても大丈夫なようです。


赤ちゃんは、色々な環境の変化などに、敏感なので、
神経質になりすぎなくても大丈夫と以前私も、
医師にいわれたことがあります。

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP