赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの予防接種!鼻水と咳で熱はないけど大丈夫?

Sponsored Link

生後3~5ヶ月から、予防接種が始まる赤ちゃん達。
でも、いつも、元気で体調万全とはいかないのも赤ちゃんです。

google Sponsored Link1



沢山の予防接種を済まさなくてはいけない赤ちゃん達。
今回は、熱はないけれど…
咳と鼻水をしているときは予防接種をしても大丈夫?
をご紹介します。



【・普段の違いに注目して】



鼻水・咳をしていても、
熱が37.5度なければ、
予防接種をしても問題ないと以前、
医師に言われました。


熱がなくても、普段より、機嫌が悪かったり、
ぐずぐずしていたり、食欲がなかったりぐったりしていたりと、
普段の生活の何か違うことがあるときは、
予防接種を控えた方がよいです。


では、37.4度で、咳と鼻水をしていたら、予防接種は?


平熱が、36.0度の赤ちゃんなら、控えた方がよいかもしれませんが、
赤ちゃんは基本的に平熱は高めですよね?


大人の37.5度だと、
かなり体がだるく、辛いですが、
平熱が37.0度の赤ちゃんなら、
ちょっと熱が高めかな~。


移動にコートを着たり、
ちょっと泣いてしまったり、
授乳直後なら、
37.5度を越えていることもしばしば、あります。


熱を気にすることも大切ですが、
普段と様子が違わないかに注目してくださいね。

google Sponsored Link2




【・平熱は何度ですか?】



我が家には、4歳と1歳の息子がいます。
長男の平熱は、37.0度位。朝寝起きで測っても36.8度程で、
比較的高いです。


次男は、36.0度程。比較的に低め。


この二人を予防接種に連れて行くと、
コート着せて、暖めた車に乗せ移動し、
受付で、体温計を渡され、検温すると、
37.6度なんていうこともしばしば。


夏も、暑い外を歩いて行ったら、37.6度ということも。


もちろん、元気そのものだったので、
時間を置いて測りなおしましたが…。


少々の鼻水や咳があっても、
予防接種をしていますが、
今のところ問題はないようです。


冬に予防接種にいくと、
室内と外の寒暖の差で、
咳や鼻水が出ることもあります。


もちろん、気になる場合は、
予防接種の前に、医師に相談してから、
接種しましょう。



【・さいごに】



咳や鼻水がなくても、普段より元気がなく、
くったりしている時や、食欲がない時は、
予防接種を控えましょう。


以前、長男が、1歳の時、
普段より元気がないな~食欲もないな…寒いからかな~と、
軽く考え、予防接種を受けた、翌日から、嘔吐と下痢が始まり、
ロタウイルスに感染し、発症前の状態で、
わからず予防接種を受けたことがあります。


その後、予防接種を受けた影響があったかはわかりませんが、
下痢と嘔吐は激しく2~3日続きました。


普段との違いは、ママしか分からりません。
体調が悪そうなときは、予防接種を控えてあげてくださいね。

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link