赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんを叱る時期はいつから?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

何か危ないことをしたり
やってはいけないことをしたり
でも、まだ○ヶ月の赤ちゃん。


叱っていいのでしょうか?
しかも、どのように叱るのでしょうか?
そんな疑問を解決していきましょう!


Sponsored Link1

ダメなことは伝えよう


危ない事や、いけない事をした時に

「○○をしたら○○だからダメなのよ」

と、言葉で説明したところで
赤ちゃんは分かりませんよね。


かといって「いけません!!!」なんて
怒鳴ってしまえば、恐怖心を植え付けて
しまい逆効果になってしまいます。


赤ちゃん自身は、いけないことをしたと
いう意識はないのですから、急にママが
大きな声を出してビックリ、ということに
なってしまいます。



でも、「いけないこと」「それはダメ」という
ことは伝えなければ、同じことを繰り返して
しまいます。


何か一つ、言葉を決めてみてください。

例えば「ないない」「ダメダメ」などです。

その言葉と、ママの真剣な顔、首を横に振る。


これを1セットとして、毎回地道に続けて
みてください。

そうすると、自然と赤ちゃんの中で


「ないないなんだ」「ダメダメなんだ」と
理解するようになっていきます。



どうしてダメなのか、というのは
もう少し大きくなって、会話ができる
ぐらいにならないと、難しいです。




身振り手振りでわかりやすく


うちの子は、1歳前後で非常に乱暴者で
しつけは本当に大変でした。


なんで叩くのか、なんで投げるのか。

なんでお友達を押すのか。


いけない!ダメ!といってもまったく
分かってくれない時期でした。


もう怒ってばっかりで、私もイライラだったし
子どもは子どもで、ママが怒ってばっかりで
イライラ。



言葉も話せない時期だったので
お互いストレスが溜まっていました。

ある施設で遊んでいる時、お友達をペンッ!と
叩いた時がありました。



叩かれたら痛い、というのを教えようと思い
「ほら、痛いでしょ!いけないんだよ!」と
叩いて叱った事がありました。



そこにいた保育士の先生に、

「お母さん、叩いたから叩き返す、押したから
押し返す、は絶対にやってはダメなんですよ」


と声をかけられました。


ダメ、ということを伝えたければ
手でバツを作り、「今のはいけないんだよ」
というサインをお子さんとの間で作ってください。と。



それを繰り返すことで、自然と手が出なくなりますから。
とアドバイスをもらい、そうだったんだ、と
今までの間違ったしつけを反省しました。



それからは、いけないときのサインを地道に続けて
1歳半ごろまでには、手は出なくなりました。



Sponsored Link2

さいごに



・怒鳴ったり、言葉で説明しようとしない。

・決まったサインを決めて、ダメということを伝える。

・なぜダメか、は、幼児期に入ってから。


以上の点を意識してみてください!

しつけは、親にとってずーっと付きまとう
課題ですよね。

赤ちゃん時期は、身振り手振りを使って
分かりやすく伝えてあげましょう!

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP