赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの初期の虫歯!治療はどうする?

Sponsored Link

虫歯というと…
黒ずんでいて、穴があいていて
というのを想像しますよね。

google Sponsored Link1



乳歯の虫歯は白いというのを
御存じでしょうか?
そして、乳歯の虫歯は放っておくと
永久歯にまで影響してしまうかもしれないそうです。



*乳歯の虫歯の特徴*

乳歯はいずれ抜けるから
ちょっと虫歯でも大丈夫大丈夫!
というのはちょっと待った!



乳歯が虫歯になるというのは
歯磨き習慣の見直しサインのようです。



乳歯の特徴
・酸に弱い
・エナメル質が薄くやわらかい
・ちょっとしたことで欠けたりする
・虫歯になりやすい



虫歯の特徴
・1本ずつが小さい為、神経に到達するのも早い
・奥歯の裏側・歯の隙間・付け根(歯茎との境)にできやすい。



虫歯の原因
・歯に残っている食べ物から繁殖する「ミュータンス菌」による。
・歯の表面に歯垢を作り、分泌される酸により溶かす。
・ミュータンス菌は糖分に反応して活発化する。



乳歯の虫歯の危険性
・乳歯の虫歯は歯磨き習慣への危険信号。
・磨き方を見直さないと、菌は増殖し停滞する。
・ひどい虫歯の場合、永久歯の部分まで影響がでる可能性も。



*治療方法は??*

虫歯は決して自然治癒しません。
早めに治療すれば通院回数も減り、
菌の繁殖も防ぐことができるそうです。



もちろん、症状によって治療方法は様々なようです。
歯科検診で誰しも経験したことがある
「えー、Cの~」というあのC!あれってなに?と
私は思っていました(笑)



あれは虫歯の進行具合を表すものだそうです。

Cの0

治療方法
・初期段階の為、進行抑制剤か患部を
少し削り修復材(樹脂)をつめる作業。
・歯が小さいことや、治療中に動く危険性から、
抑制剤で進行阻止するケースが多い。
・歯が乳白色に濁ったような色。
・虫歯の初期症状。



Cの1

・歯の表面のエナメル質が細菌により
溶け始めた状態。
・薄い黒ずみや溝ができている程度。



治療方法
・進行抑制剤だけでは厳しい。
・形を整え金属の詰め物等の治療が行われる。
・Cの3になると、削る部分も増えてくる。
・治療する上でレントゲンを撮ることもあり、通院も数回必要になる。



Cの2

・エナメル質を突き破り、下の象牙質まで進行。
・表面に穴があき、一目で虫歯と分かる。
・痛みや、冷たいものに過敏になる。
・赤ちゃんは離乳食が進まない等の影響がでる。



Cの3

・象牙質が溶けだし神経まで達する。
・寝る間際に痛みがあり、
少しの衝撃でも痛みを感じる。
・治療回数も増える。


治療方法
・表面だけでは完治せず、内部の根元部分の治療。
・抜歯をし、根底から除去する。
・大人の場合は、生え変わらない為、人工歯を使用。



Cの4

・歯の根っこ部分しか残っていない状態。
・歯茎の中に埋まっている部分に
膿が溜まると抜歯対象となる。




google Sponsored Link2


*うちの次男坊くん*

実は…うちの次男坊くんも虫歯になってしまい
現在歯医者に通っております。
つい先日樹脂の詰め物が終わり
一段落つきました。



1歳半検診の歯科検診で見つかったのですが
「この年の虫歯は非常に少ない」
という保健師さんの言葉に
ガーーーン!!!




次男坊のヤダヤダ攻撃に勝てず
お菓子やジュースをあげたのが
あだになったようで…
結果可哀想なことをしてしまいました。



見つかってすぐに歯医者にかかったので
樹脂処置ですみましたが、
すぐにとれてしまい、今回で3回目。



ギャーギャー泣いてしまいますが
何とか処置ができるので、進行止めではなく
次男坊は詰める事ができましたが
やはり、進行止めの薬を使う事が多いようです。



*さいごに*

しっかり磨いていても虫歯になってしまう
お子さんもいるようです。
生まれ持った歯の質で、虫歯になりやすい子も
いるようです。



赤ちゃんのうちは、なかなか治療は難しいですよね。
やはり、毎日お口の中を見てあげることが
大切なのだと思います。



少しでも様子がおかしかったり
気になる場合は、小児歯科に相談するのが
一番だと思います。



軽ければ、簡単な処置と
歯磨きの仕方で進行は抑えられるようです。

「(504u4ママ)より」

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link