赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんが便秘でうなる!どうしたら?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

赤ちゃんの便秘。
ぐずぐずと機嫌も悪くなり、
見ていても可哀想ですよね。



今回は、そんな赤ちゃんが便秘でうなるとき!
どうしたら良いかとご紹介します。





Sponsored Link1

【・便秘は1日で解決しよう】




「うちのこ1週間もうんちが出ていなくて…」
というママに遭遇したことがあります。


週に1回、小児科に行き浣腸をして
出してもらうとか…。


1週間も放置せず、
丸1日出なかったら、
綿棒にベビーオイルなどをひたひたにし、
肛門を刺激してあげましょう。


そうすると…
ブリブリッと出てきますよ。


綿棒はこわい!というママは、
ひたひたに濡らしたカット綿で、
肛門を上から押すように、
刺激してあげます。


すると…出てくることがあります。
これでもダメな場合は、
上の綿棒で刺激を試すといいですよ。


綿棒で刺激するときは、
肛門を傷つけないように、
ソフトにお願いします。


刺激すると、大砲の様にうんちが
飛び出してくる場合もあります。
オムツでキャッチする体勢を
調えてから行ってくださいね。





【・便秘って不快ですよね】





ご自分に例えたらどうでしょう。
1週間も便秘が続いたら…
お腹なんだかモヤモヤと重たく、
食欲もなくなりませんか?


浣腸も痛いし不快ですよね。



赤ちゃんもそんな気持ちです。
便秘はもちろん体質もありますし、
1度なる赤ちゃんは繰り返しなる子が、
多い気がします。


便秘なだけではなく、
うんちを踏ん張って出すのが、
下手!な赤ちゃんもいます。


様子をみながら、
排泄のお手伝いをしてあげましょう。







【・兄弟でもタイプが違う】





うちには、4歳と1歳の息子がいます。


4歳の息子が赤ちゃんの時は、
一日10回もうんちをし、
回数が多い日は20回程していました。



ちょびちょび、おならの度にしているのでは?
という感じでした。


逆に、次男は、
新生児の時から、1日1回でればいい方です。
2~3日出ない日もありました。


2人とも完全母乳です。
違いは、その子達の体質と、
ママの食生活にあると思います。


長男の時は粗食を心掛け、
たっぷりの野菜を摂取するように心掛けました。


次男の時は、お菓子も食べたいだけたべ、
バタバタと子育てしているせいか、
長男の食事の片手間にちょこちょこ食べる程度。


きっとこの食生活の違いが、
便通にも影響していると思います。





Sponsored Link2

【さいごに】





赤ちゃんの便秘になやむ母乳育児中ママは、
ママの食生活を見直してみましょう。
水分を多めにとることも忘れずに。


ミルクの赤ちゃんは?というと、
白湯を飲ませたり、果汁を飲ませると
効きますが…。



病院で一度相談してみると良いかもしれません。
赤ちゃんにも整腸剤を処方してくれる場合も。


赤ちゃんの便秘が良くなりますように。

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP