赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの人見知り!克服法はある!?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

赤ちゃんの人見知りをなおしたい!
にこにこ愛想のよい赤ちゃんになってもらいたい! と思うママは多いでしょう。



今回は、赤ちゃんの人見知りを克服する方法についてご紹介します。



Sponsored Link1

【・絶対の克服法はない】



赤ちゃんの個性である、性格。と
過ごす、環境によって、人見知りするかが決まると思います。


もちろん、毎日、沢山の人と接し、毎日お出かけしている赤ちゃんでも、
人見知りをする子はいます。


赤ちゃんがどうして人見知りするか?考えたことがありますか?
この人のことは安心出来るかわからない。と思った時に、
人見知りするようです。


ママに置き換えて考えて見ましょう。
初めての初対面の男性に、近距離に近寄られ、
じろじろ凝視されたらどうしますか?


最初は目をそらす所から始まり、あまりに続くと、
気味が悪くまた、恐怖感も覚えます。
そして、その場を離れたり、逃げ出したりしたくなるでしょう。


赤ちゃんも同じです。
しかし、赤ちゃんは、目をそらしたり、顔を背けたり、
もちろん、その場から離れることも逃げ出すことも出来ません。


よって、人見知りして泣き出してしまうのです。


赤ちゃんは、覚えるのも早いですが、
忘れるのだってとても早いです。
1週間も逢わなければ、初対面の人と変わりありません。


赤ちゃんが、人なつっこく、そして警戒心の薄い子なら、
人見知りはしないでしょうが、
警戒心の高い子は、ひどい人見知りをするでしょう。


毎日会っているパパであっても、服装や髪型が変わると、
人見知りする赤ちゃんがいます。


大丈夫です。
成長と共に改善されます。





【・人見知りの克服法は?】



・沢山の人に逢わせる。
初対面の人でも、ママが和やかな雰囲気で話す人は大丈夫。などと、
赤ちゃんが学習します。


・沢山の場所を経験させる。
沢山の人に逢わせるのと同じで、色々な場所の経験をすることにより、
初めの場所・初めての人でも、にっこり笑うと楽しい!
と体感してもらうことが、克服法です。


赤ちゃんが、ママ以外の人に興味をもつと、
おのずと人見知りは治っていきます。


ママ以外の人も、にっこり笑えばにっこりしてくれる!や
遊んでくれる!抱っこしてくれる!など、
他の人との繋がりを楽しい!と思ってくれる事が、大切なのです。



Sponsored Link2

【・さいごに】



人見知りする赤ちゃんは、
ママ以外の人からの何らかのアクションによって、
人見知りをしています。


もし、どうしてもなつかせて欲しい人には、
お願いしてみてはいかがでしょうか?


「この子は、感受性がとても豊かなので、
新しい刺激に過敏に反応してしまいます。


目を合わせず、声を掛けず、
ゆったり抱っこしてももらえませんか?」と。


そうすれば、赤ちゃんも安心して、早くなついてくれるかもしれませんよ。

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP