赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの人見知りが始まるのはいつから??

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

出産後、実家で過ごしてから数か月、
久しぶりに里帰りをしようとみんなで実家へ帰ると…

赤ちゃんが大号泣!なんてことありますよね?



産まれてからしばらくおばあちゃんに抱っこしてもらっていたのに
忘れちゃったの?まだ、4か月なのに…人見知り?
5~6ヶ月からじゃないの?



久しぶりに抱っこできた孫に泣かれて、
おばあちゃんもショックで抱っこが疎遠に…。
それとも、何か他に原因があるのかな?



 突然始まるこの『人見知り』に、
びっくりするママさんも少なくないと思います。
 今回は、この人見知りがいつ頃からはじまるものなのかを、
お話しさせて頂きます。




Sponsored Link1

人見知りのはじまりは?

 子ども達には大人と同じように、個々で性格が異なります。
それと同じように、成長スピードも様々です。
その為、「はい、ここから始まります!」とは、一慨に言うことは出来ません。



 それでも、だいたい生後6ヶ月~12ヵ月頃から
人見知りが始まると言われており、
早い子だと生後4か月頃から人見知りらしき様子が
見られると言われています。



人見知りは、成長する上で必ず通る大切な道です。
早いから遅いからどうというものではなく、
人見知りをするということは、母親とその他の人間を判別する能力が
順調にスクスク育っている
証拠なのです。






全然慣れてくれないよぉ…

 うちの子達は、二人とも幼い頃から人見知りが強くて、
それはもう何をするにも大変でした。
ついこの前までケラケラ笑って、誰にでも抱っこされていたのに…、
ひと月後には大号泣!生後3カ月頃のことでした。



「ど、どうしたのよぉ~」とビックリです。
その人が嫌いなのかなぁ?なんて考えた事もありましたが、
「人見知りじゃない?」と母に言われ、
「ちょっと早いけど…そうかそうか」と納得すると自然と気も楽に。
 


早くに人見知りが始まったからといって、
心配する必要はありませんもんね!
 会う人、抱っこしてくれる人に「すみません。人見知りが強くて」と
声をかけるだけで、周りの方も「あぁ、人見知りはじまったのね!」と、
泣きだしても納得して、暖かい目で見てくれましたよ。




Sponsored Link2

さいごに

 赤ちゃんによっては、人見知りがまったくない子もいますよね。
人見知りをした方が良いというわけではなく、
始まったとしても不安がる事はありませんよ!ということです。



 先ほども述べましたが、個々で性格も違えば、
成長スピードも違うのです。
いつから起きたというよりも、起きてからどう接してあげるかが
大切になるのだと思います。



ママさんがたくさん抱っこしてあげて、
安心感を与えてあげることで周りの人への、
警戒心が少しずつとけていくのです。
何事にもスキンシップは大切ですよね!

504u4ママより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP