赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのミルクアレルギーの原因は!?他の病気もある!?

Sponsored Link

赤ちゃんは生まれた直後から、
ママのおっぱいを吸い始めます。

google Sponsored Link1

場合によっては、母乳の代わりに最初から
ミルクの場合もありますよね。



どちらにしても大切な赤ちゃんの主食すなわち栄養源ですね。
その栄養源となる母乳やミルクが赤ちゃんに
アレルギー反応を起こすとしたら、
ママはどうしたら良いのか・・・。
原因と対処法をご紹介します。



アレルギーの原因は牛乳のタンパク質




赤ちゃんの食物アレルギーの原因は、
大豆、卵、乳製品など様々です。
特にミルクアレルギーの原因は、
牛のお乳の中にあるタンパク質
(カゼインとβラクトグロブリン)という物質です。
人間の母乳には含まれていません。



赤ちゃんのまだうまく機能していない
未熟な腸では、この牛のお乳のタンパク質を
すべて消化しきれません。



そのために、体に吸収してしまった残り分を、
異物と判断して、抗体を作り出し、
アレルギー反応となるのです。



対処法は、このカゼインやβラクトグロブリンを
赤ちゃんに摂取させない事です。
今は、アレルギー対応ミルクが、
沢山市販されていますよ。



主成分もさまざまです。
タンパク質を細かく分解したもの
豆乳を主成分としたものなど、
医師に相談しつつ
赤ちゃんの症状に応じて使い分けましょう。



google Sponsored Link2


混同しがちなミルクが原因の他の病気?




うちの娘が2歳の時の事です。
風邪を引いた直後から乳製品を与えると、
サラッサラの下痢になってしまうようになりました。



ミルクアレルギーを疑いましたが、
小児科を受診したところ、
乳糖不耐症と診断されました。



ややこしいですよね。
ミルクアレルギーではなく、乳糖不耐症。



9割近くが生後3か月の乳児に発症する
ミルクアレルギーに対して、
大人になっても、いつでもなりうるのが乳糖不耐症。



そして、ミルクアレルギーは
体の過剰反応で起こる病気。
乳糖不耐症は乳糖が消化できないことが原因で
病気というより症状なんだそうです。



なかなか複雑ですね。
先生には「小学校上がるまでに
ゆっくり治していきましょう」と
言われました。



数年間は乳製品を絶っていましたが、
少しずつ慣れさせていき、
現在小学2年ですが、すっかり良くなりましたよ。



最後に・・・




いかがでしたか?今回は
ミルクアレルギーの原因と対処法をご紹介しました。



ミルクアレルギーをもつお子さんのママは、
本当に気を使う事が多いですね。
でも、90%近くのお子さんが
3歳を超えると発症しなくなります。
このアレルギーの場合は
3歳までというゴールがあるのですよ。



日本には多くのミルクアレルギー用食品や
代替食品が市販されています。
焦らずゆっくりと、自分を責めることなく
かかりつけ医と話しあいながら
気長に子育てしていきましょうね^^。

頑張る三人娘のママより

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link