赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのミルクアレルギーの原因は!?他の病気もある!?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

赤ちゃんは生まれた直後から、
ママのおっぱいを吸い始めます。

場合によっては、母乳の代わりに最初から
ミルクの場合もありますよね。



どちらにしても大切な赤ちゃんの主食すなわち栄養源ですね。
その栄養源となる母乳やミルクが赤ちゃんに
アレルギー反応を起こすとしたら、
ママはどうしたら良いのか・・・。
原因と対処法をご紹介します。



Sponsored Link1

アレルギーの原因は牛乳のタンパク質




赤ちゃんの食物アレルギーの原因は、
大豆、卵、乳製品など様々です。
特にミルクアレルギーの原因は、
牛のお乳の中にあるタンパク質
(カゼインとβラクトグロブリン)という物質です。
人間の母乳には含まれていません。



赤ちゃんのまだうまく機能していない
未熟な腸では、この牛のお乳のタンパク質を
すべて消化しきれません。



そのために、体に吸収してしまった残り分を、
異物と判断して、抗体を作り出し、
アレルギー反応となるのです。



対処法は、このカゼインやβラクトグロブリンを
赤ちゃんに摂取させない事です。
今は、アレルギー対応ミルクが、
沢山市販されていますよ。



主成分もさまざまです。
タンパク質を細かく分解したもの
豆乳を主成分としたものなど、
医師に相談しつつ
赤ちゃんの症状に応じて使い分けましょう。





混同しがちなミルクが原因の他の病気?




うちの娘が2歳の時の事です。
風邪を引いた直後から乳製品を与えると、
サラッサラの下痢になってしまうようになりました。



ミルクアレルギーを疑いましたが、
小児科を受診したところ、
乳糖不耐症と診断されました。



ややこしいですよね。
ミルクアレルギーではなく、乳糖不耐症。



9割近くが生後3か月の乳児に発症する
ミルクアレルギーに対して、
大人になっても、いつでもなりうるのが乳糖不耐症。



そして、ミルクアレルギーは
体の過剰反応で起こる病気。
乳糖不耐症は乳糖が消化できないことが原因で
病気というより症状なんだそうです。



なかなか複雑ですね。
先生には「小学校上がるまでに
ゆっくり治していきましょう」と
言われました。



数年間は乳製品を絶っていましたが、
少しずつ慣れさせていき、
現在小学2年ですが、すっかり良くなりましたよ。



Sponsored Link2

最後に・・・




いかがでしたか?今回は
ミルクアレルギーの原因と対処法をご紹介しました。



ミルクアレルギーをもつお子さんのママは、
本当に気を使う事が多いですね。
でも、90%近くのお子さんが
3歳を超えると発症しなくなります。
このアレルギーの場合は
3歳までというゴールがあるのですよ。



日本には多くのミルクアレルギー用食品や
代替食品が市販されています。
焦らずゆっくりと、自分を責めることなく
かかりつけ医と話しあいながら
気長に子育てしていきましょうね^^。

頑張る三人娘のママより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP