赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのハイハイの練習方法は?

Sponsored Link

赤ちゃんがハイハイを始めるのは、
赤ちゃんによって遅かったり早かったりしますが、
だいたい生後7か月~8か月頃と言われています。

google Sponsored Link1


ずっと寝ていた子が、
気づけば寝返りをしだし、
気づけば座ったまま遊んだり、
成長が楽しくなってくる頃ですね。

しかし、凄く元気なのに
ハイハイだけはなかなかせず
心配になるお母さんもいると思います。



今回は、
「赤ちゃんのハイハイの練習方法」を
お話ししようと思います。



【ハイハイはいつごろから?】


7か月~8か月と言われていますが、
赤ちゃんの成長によって違うと思います。


一人でお座りができると、
前かがみで物をとったり、後ろに向いたりと動きがよくなってきます。
しっかりしてきた証拠ですね。


そのため、お座りができると次はハイハイの練習をしだすと思います。
中には、お座りとほぼ同時でハイハイができる子もいるみたいです。
ハイハイの練習も赤ちゃんの気分なので気長に待ちましょう。



【赤ちゃんのためにすること】



なかなかハイハイをしない赤ちゃんの中には
ハイハイしにくい部屋だから練習しないということもあります。
ハイハイのしやすいスペースを作りましょう。


ハイハイしだすと、部屋の中は危険がいっぱいになります。
コンセントは触れないようにブロックしたり、
細かいものや、危ないものは高く安定した場所に片づけ、
角などは、クッションを付けるなど、部屋中を一度確認してください。


赤ちゃんは、お母さんの予想以上に変な行動をします。
なので細かくチェックして、安心できる状態で、
ハイハイの練習をさせましょう。


google Sponsored Link2


【ハイハイの練習方法】



まずは「ずりばい」の練習をしましょう。
最初は後ろに進むことが多いですが、これはできてきている証拠です。
横で同じ動きをしてまねさせてみたり、
赤ちゃんの足に手を当てて壁を作ってあげるのもいいかもしれません。
腕は脱臼するかもしれないので引っ張らないように気を付けましょう。



それができたら、「ハイハイ」の練習をしましょう。
赤ちゃんの興味のあるものを前方に置いてみたり、
お母さんやお父さんが呼んであげましょう。
ずりばいで来てしまって練習にならないときは、
ハイハイのポーズをして、「こうやるんだよ」と教えてあげましょう。
赤ちゃんは真似っこなので、真似して覚えるかもしれません。


それでもなかなかできないときは、
失敗ばかりで赤ちゃんが不機嫌になってやらなくならないように
興味のあるものをすぐ取れる距離にして、出来たら褒めてあげましょう。
褒められるのが嬉しくて楽しくて、やる気を出すかもしれません。


ハイハイができたら、
少し難易度をあげて低めの段差などを作り、
赤ちゃんの足腰を鍛えましょう。
(段差は横に倒れたりと危ないので必ずそ真横にいてあげてください)


【最後に】



ハイハイ以外もそうですが、
赤ちゃんの成長や気分で、早くできたりできなかったりします。


時々、母子手帳の「行動チェック表」などをみて
不安になり、イライラや悲しくなるかもかもしれません。
ですが、それを見た赤ちゃんもプレッシャーで
下手になったり、しなくなるかもしれません。


「うちの子は遅い・・・」と思わずに気ままに楽しく練習しましょう。
成功の秘訣は「楽しく」です。


ハイハイしだすと行動範囲が広がるので
危険なものだけには気を付けてくださいね。


以上、くまのおかんでした。

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link