赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのノロウイルス!予防法は?

Sponsored Link

秋から冬にかけて
流行期を迎えるノロウイルス。

google Sponsored Link1



とても感染力が強く、家族の誰かが感染したら
あっという間に全員にうつってしまった
という話もよく耳にします。


しかも、有効な特効薬がないため、
数日間、激しい嘔吐と下痢に
苦しめられることも・・・。


また、乳幼児が感染すると、
脱水症状になりやすいため、
できることなら
未然に感染を防ぎたいですよね。


ここでは、特に赤ちゃんについて、
ノロウイルスの予防方法を
ご紹介したいと思います。



[口に入るものは消毒を!]



赤ちゃんがミルクを飲んでいる場合は、
毎回きちんと
哺乳瓶の消毒をしてあげてください。


授乳のときは、おっぱいの周りを
常に清潔にしておきます。


また、離乳食を食べさせるときにも、
注意が必要です。


食器類や調理器具はこまめに消毒し、
食材は中心部まで
十分に加熱しましょう。


ここで、大事になるのが、消毒の方法。


ノロウイルスには、
普通の消毒用エタノールでは
効果がありません!


ご家庭にある塩素系漂白剤(キッチンハイターなど)を使うか、
85度以上の熱湯で
1分以上加熱してください。


ノロウイルスは熱に弱いので、
塩素系漂白剤がない場合でも
しっかりと熱湯消毒すればよいと思います。


ちょっと面倒だな・・・と
思われるかもしれませんが、
これらのことを行うだけでも、
実際かなり予防効果があります。


google Sponsored Link2



[娘が生後5ヶ月のとき]



私の娘が5ヶ月の頃、
2歳だったお兄ちゃんが、
ノロウイルスに感染しました。


そして、看病をしていた私も感染!


まだ赤ちゃんの娘にうつすわけにはいかない!と、
娘のお世話をする前は念入りに手を洗い、
できるものは全て消毒。


また、母親がノロウイルスに
感染しているときに授乳をしたら、
免疫が赤ちゃんにも移行し、
予防効果があるのだとか!


自分が感染していると、
授乳することでうつってしまうのではと
思っていましたが、
そうではなかったのです。


その話を病院の先生から聞いて、
嘔吐に苦しみながらも
せっせと授乳しました。


結果、何とか娘には症状が出ませんでした。


体力的にはかなりきつかったですが、
とりあえず娘にうつらなくてよかったです。



[さいごに]



ノロウイルスに有効なワクチンはまだ開発中とのこと。


よって、家庭レベルでの予防が
とても重要になります。


しかし、必要以上に神経質になったり、
怖がる必要はないと思います。


私は、娘に感染しないように
かなり気を遣いました。


が、そのためにとても疲れてしまい、
回復が遅れてしまう羽目に・・・。


無理のない範囲で、
出来る限りの予防対策をする。


それで十分だと思いますよ!






dora80より

 
 

PS
 
花言葉サイトを作成中です。

見るだけで心が和み、読むだけで心が温かくなり、前向きになる様なサイトにしたいと思っています。
 
良かったらご覧ください。 
 
偶然とは思えない花のリアルエピソード

 
 

PPS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
1記事30分の日記、趣味ブログで月5万を得て
子供の教育をランクアップする方法☆彡
(予告なく消去する場合があります)
 
 
無料参加はこちら(1000名参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link