赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんのトイレトレーニングの方法とは?

Sponsored Link

オムツはずし、トイレトレーニング。
ママが頭を抱える課題の一つですよね。

google Sponsored Link1

卒乳や離乳食、いろいろな課題を
乗り越えるわけですが…



私はこのトイトレが本当に
苦労したママの一人です。



そんな経験から、これからトイトレする
ママへのアドバイスを含めご紹介します!

そもそも、トレーニングはいつから?


最近は、0歳児からトイレトレーニングをはじめて
2歳までに仕上げる、なんていう話を耳にします。


…それ、できたら理想ですよね…。


でもそれだけ時間もかかりますし
非常に大変なことだと思います。



実践してるママ、尊敬します。



一般的に言われているのは、言葉が
増えてくる時期で「ちっち」や「ウンチ」を
教えてあげてるぐらいが目安のようです。



いきなりオムツが取れるわけでは
ないのですから、段階を踏んで
ゆっくり進めていくのが私は
子どもにとってもママにとっても
いいと思います。



ちなみに、うちのおにいちゃんは
言葉が話せるのも遅かったので
開始したのも2歳ちょっと前からでした。



周りのママたちは、1歳半ぐらいから
しっかりやっていましたよ!



トイレトレーニングの方法とは?


色々な方法があると思いますが
「トイレに行きたくない」という印象を
絶対につけないことです。

1.おまるで遊ばせる。


うちの子は、トイレに行くことも
最初から拒否でしたし、トイレの上に
乗せたおまるにまたがるなんて
とんでもない!という感じで
相当な拒否ぶりでした…。



なので、まずは簡易式おまるを
部屋において、座るだけの
練習からはじめました。


少しずつ、おまるに一人で座る、という
苦手意識をなくしていきました。


2.おしっこやウンチをしているタイミング


オムツをしていても、ママなら
「あ、今オシッコしてるな」とか
「今踏ん張ってる…」と、お子さんの
様子がわかりますよね。


そういうタイミングの時に
「ちっちしたんだね~」とか
「ウンチッチ、でたんだ~!」など
分からせるように心がけました。



ある時から、自分でオムツを触って
「ちっち、でたの」と教えてくれる
ようになったんです。



3.失敗しても絶対に怒らない。


オムツはずしをしていると
絶対に失敗します。


何度床のオシッコを拭いたか…



何度トレパンにダイレクトにした
ウンチの処理をしたか…


外でだってお構いなしにしますし…


おふとんだってビショビショの日も
ありました。

でも、絶対に叱ってはいけないんです!



いい加減にして!とか
なんで出るって言わないの!?って
言いたくなる気持ち、すごーく
わかります!!!



でも、それが子どもへのストレスであり
プレッシャーなんです。



子どもも、わざと漏らしてやろう!
なんて思っていません。


ちょっとまだ、難しいだけなんです。


なので、失敗しちゃった時は
「漏れちゃったの教えてくれてありがとうね」
「次からは出る前に教えてくれると嬉しいな」
などの声掛けにしましょう。



google Sponsored Link2


4.必要以上にトイレにつれていかない


これは、保育士さんに相談した時に
教えてもらった話なんですが、うちの子は
夜にどうしてもおねしょしてしまう
タイプで、寝る前にいっても
朝には出てる…(しかも全然起きない)



その繰り返しだったので、夜中に
トイレ行こう、と起こして、おねしょを
回避してたんです。


でも、これはNGだそう。


自分で尿意を感じてトイレにいく、という
ことができなくなってしまうそうなんです。


おねしょがいやだから無理やり起こす、というのは
間違いなんだそうです。


失敗しても、本人が起きておしっこ!と
教えてくれるまで、根気よく待ちましょう!

さいごに…


いかがでしたか?


・開始時期は「ちっち」「ウンチ」が分かる時期から
・ママが頑張りすぎて子どもにプレッシャーをかけない
・失敗しても怒ってはいけない
・何度もトイレにつれていかない
・その子のスピードがあるから、焦らない


以上の点に気をつけてすすめてみてください。

うちの子は、幼稚園入園前日まで、ウンチを
漏らしていました。


なのに、入園1日目にして、トイレでウンチを
して、あっという間にオムツはずれしたんです。


あの苦労した2年はなんだったんだ…と思いましたが
子どもなりの成長があるので、ママもそこまで
思い悩まないでくださいね!

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link