赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんにテレビはいつからみせても良い?

この記事は3分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

「テレビって、いつから見せていいんだろう…」
赤ちゃんが産まれたら、こう疑問に思う方は多いと思います。



現代の生活では当たり前のテレビ。
家族が見ていたり、自分だって見たいときがありますよね。



そんなとき、となりにいる赤ちゃんへの影響が気になる…



そこで、今回は、
「赤ちゃんにテレビはいつから見せても良い?」について、
お話します。






Sponsored Link1

【赤ちゃんにとってのテレビ】




赤ちゃんにとって、テレビとは、
色とりどりの光と多様な音が出る、
とても魅力的なものです。



しかし、赤ちゃんは、
まだ視力も弱く、脳も未発達なため、
移り変わりの激しいテレビの画面を、
大人と同じように処理できないそうです。



赤ちゃんがテレビをじーっと見たりするのは、
楽しいのではなく、釘付けになってしまうんですね。



それほど赤ちゃんにとっては、
刺激が強いものなのです。



そのため、長い時間見せっぱなしにすると、
脳が混乱してしまい、
夜泣きにつながる、とも言われています。



実際、アメリカの小児科学会では、
「2歳未満の子どもにはテレビを見せるべきではない」
としているとのこと。



育児書やインターネットなどを見ても、
「少なくとも一歳までは必要ない」
としているものが多いようです。



さらに、情報を発信するばかりのテレビを、
長時間見せっぱなしにすることは、
赤ちゃんのコミュニケーション不足に繋がります。



赤ちゃんは、やりとりをすることで
言葉を覚えていくので、
コミュニケーション不足は、
言葉の発達の遅れを招く、
というわけです。



そのため、テレビを見せると言葉の発達が遅れる、
と言われるようですね。



ですが、テレビを少し見せたから、と言って
必ず悪い影響がある!
というわけではありません。



見せ過ぎが良くない、
ということだと捉えてくださいね。







【テレビ、いつから見せる?】




赤ちゃんを一日中ほったらかして、
テレビばかりを見せ続ける…



そうでもしない限り、
テレビを見せても大丈夫!
だと、私は思います。



育児書やインターネットで検索してみても、
「手が離せないときはテレビを見せても良い」
というような内容が多い印象を受けます。



ただし、必ずついてくる条件があります。



①見せる時間について


「時間を守って」とか「なるべく短時間で」と、
長く見せ続けないことを訴える文書。
中には、「1回15分程度」と、
具体的に指定しているものもあります。



②赤ちゃんとの触れ合いについて


「1人で見せっぱなしにせず、
声をかけながら見せましょう」とか、
「一緒に歌いましょう」
というようなことが書いてあります。



この2点です。



この2点に気をつけていれば、
テレビを見せても大丈夫だと思います。



私には一歳半になる息子がおりますが、
生後8ヶ月あたりには、
テレビの前に立って画面を見ていたりしましたが、
今のところ、発育に問題はありません。



ですが、テレビの映像がわかるようになったのは、
やはり、ここ最近のことです。



その体験から、
『子どものためにテレビをつける』のは、
早くても、一歳からで充分だと思っています。



ですが、先にも書いたように、
一歳未満の赤ちゃんがいるから、
テレビをつけてはダメ!
と、いうことではありません。



大人が見たいときは見て良いし、
どうしようもないときは、
テレビにお願いしても良いと思います。



もちろん、時間と触れ合いを守りながらですが…。






Sponsored Link2

【最後に…】




テレビを見せるときは触れ合いを…
なんて、書いておきながら、
夕飯の支度の時は、
テレビをつけてほったらかすこともあります。



そうでもしないと、作れないからです。



そういう使い方でもいいと、私は思っています。
いわゆる、奥の手ってヤツですね。



子育てには、様々な協力が必要です。



テレビも、頼れる協力者。
頼り過ぎは禁物ですが、
ここぞ!!というときは、良い仕事してくれます(笑)。



上手に付き合っていきましょう!!






2☆2より

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP