赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんはテレビを見ると視力が低下する?

この記事は2分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

皆さん、こんにちは。ご家庭のテレビをつけていると、赤ちゃんが
テレビに近づき、間近で画面を凝視してしまうなんてことが
よくありませんか?



そんな姿を見ると。赤ちゃんの視力が下がってしまわないかと、
心配してしまいますね。今回は、赤ちゃんのテレビ視聴と視力の関係に
ついてお届けします。



Sponsored Link1

テレビの見過ぎで視力が下がるの?


現在、乳幼児のテレビ視聴による視力への影響は、未だ明らかに
なっていません。そうした調査が行われていないので、
結論づけられていないのです。



まだ小さな赤ちゃんは視力自体が完成されていないので、
ピントがぼやけるため画面をハッキリ見ようとして、
近づいているのかもしれませんね。



テレビの光は刺激的!

赤ちゃんにとって、テレビの光は色鮮やかで刺激の強いものです。
どんな影響があるかはまだ不明ですが、小児科で推奨される通り、
長時間視聴や画面の近くで見せることは控えましょう。



一歳の子どもがいる我が家では、一日に合計2時間までと決めて
視聴しています。1度に見るのは、15~20分程の短いコンテンツです。
もちろんテレビにも近づきたがるので、テレビ台の前に別のテーブルを
くっつけてガードしています(^^)



ですが、基本的に2歳児以下のテレビ視聴は推奨されていないので、
それぞれのお家で話し合ってルールを決めましょう。





やっぱり暗いところで見るとよくないの?


もう十数年近く前になりますが。アニメ番組を視聴した子どもが、
発作を起こす事件がありました。暗い場所で視聴していた子ほど、
症状が顕著だったといいます。筆者も問題の動画を見て、
大人にとっても目が疲れる画像だなと感じました。



暗い場所でのテレビの光は、子どもの視覚に強い影響を与えます。
できるだけ明るい場所で、保護者と一緒に見せましょう。
見る時には赤ちゃんへ声かけをしたり、一緒にお歌を歌ったり
踊ったりしてコミュニケーションを忘れずに!



Sponsored Link2

さいごに・・


以上をまとめますと、こちらになります。


・乳幼児のテレビ視聴と視力の関係は、明らかではない。
・テレビを見る時は短時間にして、画面から離れましょう。
・明るい場所で、保護者と一緒に見ましょう。



テレビを見ることで、語彙が増える場合もありますし
(もちろん親子のコミュニケーションが、十分な前提です)、
テレビは悪いことばかりではありません。



現代家庭においては、テレビを置いている場合が殆どです。
大切な赤ちゃんの体を守りながら、上手に付き合っていきたいですね。


タナカ イチコより

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP