赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの母乳とミルク!どう違う?

Sponsored Link

赤ちゃんを育てる上で、
母乳とミルク、どちらで育てるか・・・
考えてしまいますよね。


赤ちゃんが元気に育ってくれるならば構わないのですが、
それぞれにメリットとデメリットがあります。


この記事では、
母乳とミルクのいいところ・悪いところをあげて、
どう違うのか書いてみたいと思います。

google Sponsored Link1


【母乳について】

まずは、母乳のメリットとデメリットを上げてみますね


まず母乳のメリットです。


・お腹がすいたらすぐにあげられる。
・コストがかからない!
・母乳から免疫をもらうことができる
・産後の母体の回復を後押ししてくれる


次に母乳のデメリットです。


・消化吸収が良いので腹もちしない。頻繁に授乳している
・ママじゃないとできないので、体が休まらない。
・食べ物にものすごく気を使わないといけない
・乳腺炎など、トラブルが起きる場合もある

母乳育児は、軌道に乗ってしまえば楽チンです。


お腹がすいた~と泣けばすぐあげられるので便利だし、
一生懸命に飲む姿は本当に可愛らしい!


けれど、軌道に乗るまでがしんどいです。


日々、おっぱいのトラブルに悩まされ、
母乳がでないと精神的に追い詰められ、
最初の頃は授乳の時間が苦痛に感じることも・・・



【ミルクについて】

次にミルクのメリットとデメリットです。
まずはメリットをあげてみます。


・飲んだ量が分かり、腹持ちも良い。
・パパもあげられるので育児に参加できる
・好きなものをなんでも食べて良い。
・おっぱいのトラブルに見舞われることがない


次にミルクのデメリットです。


・調乳に時間がかかってしまう
・粉ミルクや哺乳瓶の購入費用が結構かかる
・母乳の免疫をもらえない
・産後の母体の回復がなかなか進まない


ミルクは、飲む量がだいたい決まっているので、
どれくらい飲んだかママ自身が把握できます。


産後の子宮の回復はやや遅くなりますが、
食べ物に気を使わなくてもいいし、
乳腺炎などに悩まされることもありません。


しかし、調乳に時間がかかるし、コストも気になるところです。


google Sponsored Link2




【私の場合】

私は、上の子は半分母乳・半分ミルクで、
下の子は母乳で育てました。


成長を比較してみると、
母乳でもミルクでもたいして変わりありません。


母乳で育った下の子は、
体は大きいもののしょっちゅう風邪をひきます。


半分ミルクの上の子は、
クラス一背が低いですが、
毎日元気が有り余るくらいです。


このように、母乳でもミルクでも、
元気よく成長してくれることが一番!だと私は思うのです。



【さいごに】

母乳やミルクは、赤ちゃんの大事な栄養源です。
どちらでも赤ちゃんは育ちます。


赤ちゃんが大きく育つことを第一に考えましょう!


母乳でもミルクでも、立派なママ!
リラックスして楽しく育児しましょうね!

inekoより

 
 

PS
 
じゅんぺいによる全15回のブログ講座
 
 
月間30万アクセスの愛され日記ブログの作り方
在宅プチ収入も可能。子供に明るい未来を。
 
 
無料参加はこちら(1000人参加中)


 
 
google Sponsored Link3
 

あなたにおすすめ


Sponsored Link