赤ちゃん幼児子育て.com

赤ちゃんの歩き始めは遅い方が良い理由?我が家の実例

この記事は3分で読めます

運命学×育児 という新しい発想
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法
② ママがご機嫌なら全て上手くいく!他では聞けない心のメンテナンス方法

うちの子が中々歩かなくて・・・。
我が家も実は結構心配していました。
早い子ですと、8ヶ月くらいから歩き始める子もいますが、
我が家は1歳児2ヶ月過ぎたくらいでようやく歩く様になりました(笑)


成長が遅くて心配になるところはありますが、
身体を丈夫に、という意味では、遅い方が良いみたいです。

今回の記事では、どうしてそうなのか?を
特に我が家の実例を通してお伝えします。


この記事をざっくり言うと、
・歩く前に十分に筋力を付けよう
・我が家のあんよトレーニング
・息子の歩いた瞬間の動画公開
・なぜか固いと言われる赤ちゃん
・実は運動神経が良くなった


Sponsored Link1

ハイハイは超重要

歩く、という事に対して、ハイハイは全身運動です。
上半身から下半身まで、満遍なく筋肉を付けられるハイハイは本当に大事です。


歩くのが遅い方が良い、という先生もいるくらいですから、
気にする必要はないと思います。
我が家も歩くのが遅かったので、ヤキモキしましたが(笑)



息子の場合は、ハイハイの時点から、練習、
と言うよりはトレーニングと呼べるくらいのレベルでハイハイしていました。
本人はハイハイが好きだったんだと思います。



起きてから寝るまでひたすらハイハイで追っかけ回して楽しんでいたので、
ハイハイ選手権なるものがあるとすれば、
かなり上位に食い込むはず!


そんな感じだったので、
わざわざ歩かなくても、十分に行動範囲が広かった為に、
本人もあるか必要性をかんじられなかったんじゃないですかね。


我が家の歩くトレーニング

いくら遅い方が良い、と言っても、
歩く姿を見たいのが親心ですよね。
ズバリ、歩くのに必要な筋肉は、『ふくらはぎ』です。


ふくらはぎの鍛え方は、
高バイ(高いハイハイ)です。
クマさんの歩き方と呼ばれたりもしますが、
膝を付けずに手のひらと足の裏だけで歩くハイハイです。


この様なハイハイって、教えればやるのか、
少なくとも息子は教えても絶対やりませんでした。
何をしたら高バイをしてくれるのか・・・。
向かった先は公園でした。


芝生の綺麗な公園を見つけて、
そこで半ズボンでハイハイをします。
芝生が膝に当たる、というか刺さる感じで気になるらしく、
見事に高バイになりました。


それが僕たちの公園デビュー。
毎週の様に、高バイの練習をしていました。



そして遂に歩いた

いやー、感動モノだったので、
しっかりと動画に収めました。人生2回目の歩行をした姿です^_^





んー。懐かしい。

やっぱり運動大好きな子に

昔からハイハイばっかりしていたせいか、
息子を抱っこした大人達が口々に、

「この子、固くない?」

って言ってました。
僕はほかの子をあまり抱いたことが無いですが、

「え?赤ちゃんってこんなに柔いの!?」


と思った事はあります。
今は5歳児になりましたが、やっぱり駆けっこが好きだし、
毎日保育園の帰りは親の自転車を追いかけて走って帰ってます。


既に持久力では、嫁さんより速くて、
ぼくも負けない様にせんとなーと危機感を持っています。




Sponsored Link2

転んでも起き上がる力

息子は痛みに強いです。
転んでも滅多に泣かないし、注射でも泣いたことがありません。

どうしてそうなったのかと言うと、
とにかく転びまくった事が理由の一つだと思います。



転んでも、大した事じゃない、と笑いに変えて、
転んだ事に対して、マイナスなイメージを持たない様に僕も考えていました。


転んでもまた起き上がれば良いし、
転ぶほどにどこまで無理をしたら転ぶのか?や、
どこまでやったら痛いのか?
が感覚的に分かってきます。


痛みにと言うのは肉体的な物と、精神的なものがあります。
多くの場合は精神的な痛みの方が大きいです。

転ぶのは大した問題じゃない、
と思うことができれば、何回だって立ち上がれる。


僕は、失敗しない事よりも、
失敗しても立ち上がる事の方が大切だと思っています。


だって、世の中、失敗することの方が多いから。
誰かに嫌われない様に失敗しない様に生きるのではなく、
思いっきりやってみて、失敗して、怒られて、
でもまた復活して。


何度もなんどもチャレンジする事が大切だと思います。


僕は失敗した数が多いほど、成功に近づくと思っています。
それが人生の勲章だと。


だから僕は息子にいつも言います。

「怒られても泣いてもいいじゃないか。」
「次にまた頑張ろう!」

Sponsored Link3

運命学×育児 という新しい発想

神様に愛される生き方講座(無料)
「どうして自分はダメなんだろう・・・」他人を責めたり、自分を責めたり・・・。子育ては大変ですよね。

Y.K さん(20代女性)
子供を強く当たってしまうのは、自分の心のあり方のせいだと知りました。

今では自分のご機嫌な状態が子供に移ったみたいで、少し言えば分かってくれますし、何より家が明るくなって、問題が起きても必ず乗り越えられると不安がなくなりました。


M.G さん(30代女性)
人の性格は十人十色なので子供の育て方も違います。

私の性格と子供の性格の違いを知り、どう接したらお互いにとってベストなのかを知りました。


理想の子育て方法は、忍耐力で頑張ったり無理することではありません。褒める、叱るといったやり方でもありません。

答えはその「やり方」を超えた先にあります。

子育ての大変さを知っているからこそ、多くの人に伝えたい・・・。そんな思いで【神様に愛される生き方講座】を始めました。

自立しなくてはならない。頼っちゃいけない。頼る自分は情けない・・・。

そんなの大変すぎる!そもそも人は誰しもが頼って生きています。神様に愛されるようにお願い上手になって、みんなで理想の子育てライフを目指しませんか?

初回参加者応援キャンペーンで、今だけ二つのレポートをプレゼントします。

プレゼントその1
① 運命学で性格判断し、子供の才能を伸ばす方法

プレゼントその2
② 生活応援!知るだけで年間20万円節約できた実践ネタレポート


日本中のママさんが、イキイキと子育てできる社会にしたい。そうした人が増えて子供に愛情を注いで、愛に溢れた子供が大人になって・・・その連鎖が繋がれば、日本は絶対もっと良くなる!

未来の子供達に、今、大人たちができることをしたい。

参加者一同、ポジティブ気分でお待ちしています!

あなたにおすすめ


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

google スポンサードリンク

カテゴリー

RETURN TOP